2011年09月12日

78.ヨゾラニネガイヲ(スターアイル の2010)

【馬名】 ヨゾラニネガイヲ
【由来】 夜空に願いを。「幸せな馬生を送れますように」との願いをこめて。父名、母名より連想。(日本語)
【性別】 牝
【毛色】 鹿毛
【父】 アドマイヤムーン
【母】 スターアイル (母父 ロックオブジブラルタル )
【生年月日】 2010年3月17日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 2000 万円(一口価格 5 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 2004 生まれ、本馬は 6 歳の時の産駒
【母の戦歴】 2勝
【母のレース引退時期】 2008/11/30 (レース引退年齢 4 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 2010/3/17
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間(月数)】 5

◆楽天馬の繁殖P評価◆ ★★★★★★★
◆楽天馬の一言◆ 母スターアイルは、全13戦のうち3歳時に10戦を走っており、引退した年は3戦のみ、芝でデビューしましたが、主にダート短距離を走り、2勝ともダート短距離であげています。使われ方を見ても、疲労感を残して繁殖入りした感じは無いですし、年齢的にも早く繁殖入りしていますので、繁殖ポテンシャルは十分と言えると思います。
※産駒の体質や活躍馬を出す可能性を母馬の繁殖入りの過程、年齢、産駒傾向など過去のデータから勝手に推察しています。
※ここでは活躍馬を出す時期を『繁殖適期』(6歳〜13歳)とし、このうち最も活躍馬を出す確率が高い時期を『繁殖黄金期』(6歳〜11歳)としています。
"【繁殖適期の解説】
データによれば繁殖適期内の中でも6歳をピークに徐々に産駒の勝ち馬率が下がる傾向にあり、11歳を過ぎると12歳から大きく下がり、13歳を過ぎるとさらに大きく下がります。もちろんこれは単なる平均的な数字で、いくつかのケースにおいては13歳過ぎてから突然活躍馬を出すことがあります。
例えば・・・、
一、繁殖が持っている血の資質に対して相性の良い種牡馬がなかなかいないケース、すなわち相手種牡馬を選ぶ繁殖の場合には、たまたま合う種牡馬に出会ったときに突然活躍馬を出すことがあります。
二、そもそも繁殖ポテンシャルが非常に高くて、初仔や二番仔から重賞勝ち馬など活躍馬をコンスタントに出すような名繁殖タイプは、繁殖適期を過ぎてもポテンシャルがそんなに落ちず、高年齢出産でも若干確率は下がるもののやはり活躍馬を出すことがあります。
三、その繁殖の産駒の馬体に一貫した欠点があり、その欠点を改善する方向の種牡馬を意図的に配合することで、活躍馬が出る場合があります。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の5代クロス】 "Northern Dancer 15.63% 5 x 5 x 5 x 4
Raise a Native 6.25% 5 x 5"
−−−−−−−−−−
【父】 アドマイヤムーン
"【競走成績】
日UAEで2〜4歳時に17戦10勝。07年年度代表馬、07年最優秀古牡馬。ドバイDF-G1(芝1777m)、ジャパンC-G1(芝2400m)、宝塚記念-G1(芝2200m)、京都記念-G2(芝2200m)、札幌記念-G2(芝2000m)、弥生賞-G2(芝2000m)、共同通信杯-G3(芝1800m)、札幌2歳S-G3(芝1800m)、香港C-G12着、天皇賞秋-G13着
【種牡馬成績】
08年より供用。10年の2歳世代が初年度産駒。ファインチョイス(函館2歳S-G3)、エクソプラネット(2歳新馬)、ゴールデンムーン(2歳新馬)、レオアクティブ(ダリア賞-OP2着)"
−−−−−−−−−−
【母父】 ロックオブジブラルタル
【競走成績】愛英仏米で2〜3歳時に13戦10勝。02年欧州年度代表馬、最優秀3歳牡馬。英2000ギニー-G1(芝8F)、愛2000ギニー-G1(芝8F)、サセックスS-G1(芝8F)、ムーンランドロンシャン賞-G1(芝1600m)、セントジェームズパレスS-G1(芝8F)、デューハーストS-G1(芝7F)、仏グランクリテリウム-G1(芝1400m)
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の血統評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母父ロックオブジブラルタルは、スピードと瞬発力というよりは、スタミナとパワー、スピード持続力に優れた競走馬でした。
やはり欧州の深い芝を走るためには、軽快なスピードと瞬発力ではダメということですね。
必然的に日本の馬場適性には疑問符がつきます。

母母父ヌレイエフは、ノーザンダンサー系で粘りと安定感のある産駒を出す種牡馬で、大種牡馬なので、あえて言わなくても良いとは思いますが、一応活躍馬には、ミエスク、ソヴィエトスター、スピニングワールド、シアトリカル、パントレセレブル、ジルザル、ストラヴィンスキー、ブラックホーク、ハートレイクなど活躍馬が多数います。本質はマイラーと言われますが、相手繁殖次第では、中距離の名馬も多数輩出しています。

母母母父アリダーは、現役時代26戦14勝で米三冠全てアファームド2着と準三冠馬などど言われますが、種牡馬になって大成功し、北米リーディングサイアーにも輝きました。
産駒にはアリシーバやイージーゴアなど選手権距離で活躍した産駒ばかりが注目されがちですが、様々な距離レンジで活躍馬がいて、距離適性に関わらず優れた競争資質を継承する血統と言えます。

父アドマイヤムーンは、あのエンドスウィープの我が国唯一の後継種牡馬です。
今年はじめて産駒がデビューし、早々と2勝を上げています。よって、この時点で既に晩成という評価は当たらないと思います。
ちなみに新馬勝ちしたエクソプラネットは、キャロットでも募集されたことがあるあのエクソセットの産駒です。
血統的には、仕上がりの早さと勝ち上がり率の高さが売りになりそうな種牡馬ですが、その母父がサンデーサイレンスである分、相手繁殖を選ぶのが難点です。脚質もつかめない感じで、果たしてどんな産駒が出てくるのか興味をもって見守りたいと思います。

本馬の場合、個人的にはロックオブジブラルタルの日本の馬場適性には大いに疑問を残すところで、その点、今回は父が重いドバイの芝で勝ったアドマイヤムーンということで、さらに疑問が深まるところです。
母系は、祖母ステラマドリッド、祖母アイルドフランストとその勢いも含めて申し分なく、ベースとなっているヌレイエフやアリダーらの血にも期待したいところです。活躍の場は、中距離からクラシックディスタンスというところでしょうか。"
−−−−−−−−−−
※母系の累代を中心にして、スピード、スタミナ、決め手(瞬発力)の血のバランスなどを中心に勝手に評価しています。
(クロスについては血の活性力や競争資質の強化、体質への影響という点での評価はある程度するものの、効用があるといわれるクロス(ナスキロなど)についてはまだまだ勉強不足。でも一応影響があると思って気にしているクロスはご紹介したいと思います。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【調教師】 須貝尚介
2010リーディング 39 位、勝利数 25 勝,勝率 0.091 連帯率 0.161 管理代表馬 アスカトップレディ
2009リーディング 142 位、勝利数 10 勝,勝率 0.056 連帯率 0.122 管理代表馬 ワーキングウーマン
2008リーディング 229 位、勝利数 0 勝,勝率 0 連帯率 0 管理代表馬 エニフ

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
※リーディング順位や活躍馬の管理実績から勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断 ※測尺、馬体バランス、歩様などから総合的に評価しています。
(測尺) 体高(cm) 157
胸囲(cm) 175
管囲(cm) 19.1
体重(kg) 418
−−−−−−−−−−
(DVD診断) ※主に歩様からの評価です。
【後肢のブレ】 △
【後肢の踏み込み】 △
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
【前肢のブレ】 ○
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の馬体評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "顔はなかなか芯が強そうで、カタログのコメントの”やや高めのテンション”はそれを裏付けています。
首差しは非常に良くて、肩にも形の良い筋肉がついています。
繋ぎの角度良く、クッションも良好です。
胴周りもしっかりしていて、かなりムダ肉が無いタイプです。
トモは、この馬体の割にはまずまずの容量を持っていて、大腿二頭筋に張りがあり、半腱半膜様筋も良い感じでついてきています。
飛節は割合薄手で、現状では若干トモ高のせいもあってか後肢のアクションは多少不安定です。
それ以外は、良好だと思います。
馬体サイズは、ちょっと管囲も細く、小さいので、牝馬ですが★をひとつマイナスします。"
※測尺、馬体バランス、歩様などから勝手に評価しています。
※馬体の名称、筋肉の名称が分からない場合は以下を参照ください。
http://www.jra.go.jp/kouza/thoroughbred/page4.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の総合評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖Pはかなり高い繁殖では無いかと思います。
血統的には父と母父の資質がどのように出てくるのかが本馬の競走資質のポイントになりそうです。
馬体は、牧場で聞くと、本来硬めの母系がアドマイヤムーンの影響でちょうどしっかりした感じの程よい柔らかさに出たということですが、ちょっと小さいのと、ちょっと現状ではトモが弱そうで、そこは減点対象ですね。
トレーナーはなかなか良いと思います。価格はアドマイヤムーン人気にあやかったのでしょうか。私の目にはちょっと高めだと思います。"
※上記の4項目のバランス、そして価格を含めたお買い得感などを勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※なお、データについては間違いが含まれている可能性がありますので、必ず自分でも公式サイトやJRAサイトなどで確認されますようお願い申し上げます。
"
また、間違いが発見された場合には、お手数ですがコメント欄にその旨記載していただければありがたいです。"
【関連する記事】
posted by 楽天馬 at 21:46| 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。