2011年09月10日

75.オクターブユニゾン(インディスユニゾン の2010)

【馬名】 オクターブユニゾン
【由来】 音楽用語。元々の音階とオクターブを上げた(または下げた)音階を同時に演奏すること。母名の一部を引用。(英語)
【性別】 牝
【毛色】 鹿毛
【父】 メイショウサムソン
【母】 インディスユニゾン (母父 サンデーサイレンス )
【生年月日】 2010年4月5日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 1200 万円(一口価格 3 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1997 生まれ、本馬は 13 歳の時の産駒
【母の戦歴】 不出走
【母のレース引退時期】 不出走 (レース引退年齢 不出走 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 2001/4/18
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間(月数)】 不出走

◆楽天馬の繁殖P評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "母インディスユニゾンは、不出走ですので、基本的に繁殖ポテンシャルは高いと想定して良いと思います。
キャロットで募集されたライトニングボールやリーチコンセンサスなどが2,3勝していますが、どうにもインディスユニゾンの血統にふさわしい代表産駒と呼べるような活躍馬には恵まれていません。
つまりは、配合相手を選ぶ繁殖である可能性が高く、そういう点では、これまで配合された種牡馬と違う系統のメイショウサムソンとの配合はおもしろいと言えるでしょう。
繁殖適期も最後ですので、ここで代表産駒を期待したいと思います。"
※産駒の体質や活躍馬を出す可能性を母馬の繁殖入りの過程、年齢、産駒傾向など過去のデータから勝手に推察しています。
※ここでは活躍馬を出す時期を『繁殖適期』(6歳〜13歳)とし、このうち最も活躍馬を出す確率が高い時期を『繁殖黄金期』(6歳〜11歳)としています。
"【繁殖適期の解説】
データによれば繁殖適期内の中でも6歳をピークに徐々に産駒の勝ち馬率が下がる傾向にあり、11歳を過ぎると12歳から大きく下がり、13歳を過ぎるとさらに大きく下がります。もちろんこれは単なる平均的な数字で、いくつかのケースにおいては13歳過ぎてから突然活躍馬を出すことがあります。
例えば・・・、
一、繁殖が持っている血の資質に対して相性の良い種牡馬がなかなかいないケース、すなわち相手種牡馬を選ぶ繁殖の場合には、たまたま合う種牡馬に出会ったときに突然活躍馬を出すことがあります。
二、そもそも繁殖ポテンシャルが非常に高くて、初仔や二番仔から重賞勝ち馬など活躍馬をコンスタントに出すような名繁殖タイプは、繁殖適期を過ぎてもポテンシャルがそんなに落ちず、高年齢出産でも若干確率は下がるもののやはり活躍馬を出すことがあります。
三、その繁殖の産駒の馬体に一貫した欠点があり、その欠点を改善する方向の種牡馬を意図的に配合することで、活躍馬が出る場合があります。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の5代クロス】 "Northern Dancer 9.38% 4 x 5
Raise a Native 9.38% 4 x 5 "
−−−−−−−−−−
【父】 メイショウサムソン
"【競走成績】
日で2〜5歳時に27戦9勝。06年最優秀3歳牡馬、07年JRA特別賞。ダービー-G1(芝2400m)、皐月賞-G1(芝2000m)、天皇賞春-G1(芝3200m)、同2着、天皇賞秋-G1(芝2000m)、スプリングS-G2(芝1800m)、産経大阪杯-G2(芝2000m)、宝塚記念-G12着2回、ジャパンC-G13着
【種牡馬成績】
09年より供用。11年の1歳世代が初年度産駒"
−−−−−−−−−−
【母父】 サンデーサイレンス
"【競走成績】
米年度代表馬、米9勝、ケンタッキーダービー-G1。本邦チャンピオンサイアー。本邦BMSチャンピオン。

【母の父として】
アドマイヤムーン(ジャパンC-G1)、スクリーンヒーロー(ジャパンC-G1)、ヴァーミリアン(ジャパンCダート-G1)、トールポピー(優駿牝馬-JPN1)"
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の血統評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "母父サンデーサイレンスは、スピード溢れるヘイロー系の大種牡馬で、遺伝力も血の活性力も相当強い種牡馬で、母父に入ってもその威力は衰えをしらず、2007年にリーディングブルードメアサイアーの座を獲得しています。BMSとしては柔らかくしなやかな筋肉と激しい気性を遺伝させると言われていますが、現状ではいずれの特徴も競争能力的にはプラスに働いている場合が多そうです。

母母父ミスタープロスペクターは、世界に一大主流血脈を形成する大種牡馬で、産駒のステークスウィナーはノーザンダンサーを抜いて世界一位となったとも言われています。スピードに勝った産駒が多く、米競馬においては、特にダート短距離は得意中の得意です。個人的には、この種牡馬が成功したのは、早熟血統ということが相当影響しているように思います。
その産駒は、父の遺伝力を受け継ぎ、すさまじい勢いで枝葉を世界に伸ばしており、日本でも有名なシーキングザゴールド、キングマンボ、ガルチ、ゴーンウェスト、アフリート、マキャヴェリアン、ミスワキ、ジェイドロバリー、フォーティーナイナー、マイニング、ウッドマン、クラフティプロスペクターなど挙げればきりがありません。
そんな大種牡馬でも日本の高速競馬への対応は簡単ではなく、どちらかと言えば日本ではダートで大成する産駒の方が数多く出ていますが、キングマンボやシーキングザゴールドなどのように日本の芝競馬に対応できる種牡馬もいて、その産駒の中にはキングカメハメハをはじめ重賞戦線で活躍する馬も数多く出現しており、今後我が国でも最も注目される血統と言えます。
特にキングカメハメハは、脚質といい、早熟性といい、ミスプロ系の特徴を良く受け継いだ種牡馬と言えます。

母母母父Francis.Sは、現役時代短−中距離で36戦8勝、重賞を3勝したスタミナ豊富なロイヤルチャージャー系の種牡馬です。

父メイショウサムソンは、皐月賞、ダービーの二冠、天皇賞春秋制覇など現役時代26戦9勝した名馬です。その父がサドラーズウェルズ系のオペラハウスであり、母父がリファール系の名馬ダンシングブレーヴという欧州を代表する名血の集積であったことから、日本よりむしろ欧州の競馬に適性があったのではという声が聞かれましたが、結果的に凱旋門賞挑戦はなりませんでした。
オペラハウス産駒らしい丈夫な馬で、本格化してからも成長する叩き良化型で、スピード持続力に優れ、さらに高速決着の競馬にも対応できるという近大競馬においては世界のいろいろなところで活躍できる可能性を持っていた競走馬であったと私は思いますし、日本に残さなければいけない血統であると思います。

本馬の母系は、スピードや決め手に優れ、遺伝力、活性力の強い優秀な血の集積です。
今回は父にメイショウサムソンを迎え、能力的なバランス、そして血統的な重厚感は増して、スケール感も十分ですが、牝馬ということで、牝馬らしい素軽さを持った競走馬になってくれるのかどうかですね。やはり決めてとなるのは母父サンデーサイレンスの効用ということになりますか。"
−−−−−−−−−−
※母系の累代を中心にして、スピード、スタミナ、決め手(瞬発力)の血のバランスなどを中心に勝手に評価しています。
(クロスについては血の活性力や競争資質の強化、体質への影響という点での評価はある程度するものの、効用があるといわれるクロス(ナスキロなど)についてはまだまだ勉強不足。でも一応影響があると思って気にしているクロスはご紹介したいと思います。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【調教師】 高野友和
◆楽天馬の評価◆ ★☆☆☆☆☆☆☆
※リーディング順位や活躍馬の管理実績から勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断 ※測尺、馬体バランス、歩様などから総合的に評価しています。
(測尺) 体高(cm) 159.5
胸囲(cm) 187
管囲(cm) 20.4
体重(kg) 458
−−−−−−−−−−
(DVD診断) ※主に歩様からの評価です。
【後肢のブレ】 −
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
【前肢のブレ】 ○
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の馬体評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "顔は一見きつそうですが、手綱は緩く、人には従順なタイプなのかもしれません。
首差しよく、肩には薄手ですが、しっかりと筋肉がついています。
馬体の感じや肩の角度から中距離くらいでしょうか。
繋ぎの角度良く、クッションも良い感じです。
胴周りは、しっかりと張りがあり、窮屈でもなく、伸びすぎてもいないちょうどよい感じです。
背中もしっかりしています。
トモは、張りはありますが、小ぶりでコンパクトです。おそらく幅に出てくるタイプではないかと思います。
飛節は、しっかりした感じです。
歩様は欠点が少ないです。
馬体サイズはちょうど良いと思います。"
※測尺、馬体バランス、歩様などから勝手に評価しています。
※馬体の名称、筋肉の名称が分からない場合は以下を参照ください。
http://www.jra.go.jp/kouza/thoroughbred/page4.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の総合評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖Pは高い繁殖ですので、ここでも活躍馬を期待したいですが、種牡馬との相性によるところがありそうで、そこは見極めていかなければなりません。
血統は非常に魅力的で、累代を見ても十分爆発力を感じます。
この血統構成で活躍するようならメイショウサムソン×サンデーサイレンスという組み合わせは今後非常に注目されるでしょうね。
馬体は、しっかりしていて、繋ぎの角度が良いですね。
トモがもう少しボリュームがあれば文句なしでしたが、牝馬ですからまあまあだと思います。
トレーナーは新人さんですが、牧場に聞くと松田国厩舎にいた方のようですし、価格は安いのでお買い得感があります。
メイショウサムソンの走るタイプはまだわかりませんが、この手のタイプが良さそうな感じがしますね。"
※上記の4項目のバランス、そして価格を含めたお買い得感などを勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※なお、データについては間違いが含まれている可能性がありますので、必ず自分でも公式サイトやJRAサイトなどで確認されますようお願い申し上げます。
"
また、間違いが発見された場合には、お手数ですがコメント欄にその旨記載していただければありがたいです。"
【関連する記事】
posted by 楽天馬 at 18:11| 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。