2011年09月10日

73.ルベーゼドランジェ(シンコウエンジェル の2010)

【馬名】 ルベーゼドランジェ
【由来】 「天使の口づけ」の意。母・祖母の名前より連想。(仏語)
【性別】 牝
【毛色】 鹿毛
【父】 ゴールドアリュール
【母】 シンコウエンジェル (母父 オジジアン )
【生年月日】 2010年3月22日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 1600 万円(一口価格 4 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1993 生まれ、本馬は 17 歳の時の産駒
【母の戦歴】 2勝
【母のレース引退時期】 1997/5/4 (レース引退年齢 4 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 1999/2/14
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間(月数)】 11

◆楽天馬の繁殖P評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ 母シンコウエンジェルは、現役引退後十分な休養を挟んで繁殖入りしていますので、繁殖ポテンシャルが高いのは間違いなく、3番仔ワイルドソルジャーが4勝してオープンクラスを走っていることや、13歳の時の産駒であるダノンカモン(父シンボリクリスエス)も3勝してオープンクラスで走っていることなどがそれを裏付けています。既に17歳と繁殖適期を外れ、これからは確率は落ちてくるのは間違いありませんが、配合相手との相性次第では、オープンクラスで走る産駒も出てくる可能性がある繁殖であると思います。
※産駒の体質や活躍馬を出す可能性を母馬の繁殖入りの過程、年齢、産駒傾向など過去のデータから勝手に推察しています。
※ここでは活躍馬を出す時期を『繁殖適期』(6歳〜13歳)とし、このうち最も活躍馬を出す確率が高い時期を『繁殖黄金期』(6歳〜11歳)としています。
"【繁殖適期の解説】
データによれば繁殖適期内の中でも6歳をピークに徐々に産駒の勝ち馬率が下がる傾向にあり、11歳を過ぎると12歳から大きく下がり、13歳を過ぎるとさらに大きく下がります。もちろんこれは単なる平均的な数字で、いくつかのケースにおいては13歳過ぎてから突然活躍馬を出すことがあります。
例えば・・・、
一、繁殖が持っている血の資質に対して相性の良い種牡馬がなかなかいないケース、すなわち相手種牡馬を選ぶ繁殖の場合には、たまたま合う種牡馬に出会ったときに突然活躍馬を出すことがあります。
二、そもそも繁殖ポテンシャルが非常に高くて、初仔や二番仔から重賞勝ち馬など活躍馬をコンスタントに出すような名繁殖タイプは、繁殖適期を過ぎてもポテンシャルがそんなに落ちず、高年齢出産でも若干確率は下がるもののやはり活躍馬を出すことがあります。
三、その繁殖の産駒の馬体に一貫した欠点があり、その欠点を改善する方向の種牡馬を意図的に配合することで、活躍馬が出る場合があります。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の5代クロス】 5代アウトブリード
−−−−−−−−−−
【父】 ゴールドアリュール
"【競走成績】
日で2〜4歳時に16戦8勝。02年最優秀ダートホース。フェブラリーS-G1(ダ1600m)、東京大賞典-JPN1(ダ2000m)、ジャパンダートダービー-JPN1(ダ2000m)、ダービーグランプリ-JPN1(ダ2000m)、アンタレスS-G3(ダ1800m)
【種牡馬成績】
04年より供用。エスポワールシチー(ジャパンCダート-G1、フェブラリーS-G1、マイルCS南部杯-JPN1、かしわ記念-JPN12回、マーチS-G3、名古屋大賞典-JPN3)、スマートファルコン(JBCクラシック-JPN1、帝王賞-JPN1、東京大賞典-JPN1)、オーロマイスター(マイルCS南部杯-JPN1)、タケミカヅチ(ダービー卿CT-G3、皐月賞-JPN12着)、シルクフォーチュン(プロキオンS-G3)、トップカミング(日経新春杯-G22着)"
−−−−−−−−−−
【母父】 オジジアン
"【競走成績】
米7勝、フューチュリティS-G1、ドワイヤーS-G1、ジェロームH-G1。
【母の父として】
ヨハネスブルグ(BCジュヴェナイル-G1、ミドルパークS-G1、モル二賞-G1、フィーニクスS-G1)、スパルタカス(フィーニクスS-G1)、ガイジスター(キングズビショップS-G1)"
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の血統評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "母父オジジアンは、現役時代10戦7勝、GI3勝という成績で種牡馬入りしました。日本の産駒ではエイシンワシントン、バトルライン、タイキダイヤ、ジョーディシラオキが重賞を制しました。
その父ダマスカスは現役時代32戦21勝した米2冠馬です。直系にはドバイワールドCを勝ったキャプテンスティーブがいます。
ダマスカスはスタミナ豊富なテディ系ですし、母父フランシス.Sもスタミナ豊富なロイヤルチャージャー系ですので、オジジアンはスタミナに優れた母父ということになると思います。

母母父リフテクティドグローリーは、現役時代28戦8勝のトムフール系のマイラーです。
種牡馬としては成功したとは言いがたいですね。

母系は、祖母アキスフォーラックが米8勝馬で、GI馬です。産駒にもオープンクラスで活躍したゴールデンチェリーがいます。

父父ゴールドアリュールは、サンデーサイレンス唯一のダート王の種牡馬です。
血統的には特段ダートという感じではなく、ヘイルトゥリーズン系×ノーザンダンサー系というシンプルなニックス配合です。
母系を見ると、母父は日本ではすっかりお馴染みのスピード値の高いマイラー種牡馬のヌレイエフ、母母父はニジンスキー系の中距離馬Hostage、母母母父はスタミナ豊富なヴェイグリーノーブルと、基本ベースはスタミナ系です。
血統だけ見ると芝適性は極めて高いと思われ、実際に産駒の出走数も思ったほどダートに偏ってはいませんし、距離もマイル−中距離が結構多く、今後は芝の中距離で活躍する産駒も出てきそうです。

母系は典型的な米血脈でスタミナ系ではありますが、父オジジアンは朝日杯3歳S(現2歳S)優勝馬で芝短距離で活躍したエイシンワシントンを輩出しているあたり、軽い芝に適性が無いわけではありません。
ただ、今回はゴールドアリュールとの配合で、狙っているのはダートの大きいレースなのかもしれません。"
−−−−−−−−−−
※母系の累代を中心にして、スピード、スタミナ、決め手(瞬発力)の血のバランスなどを中心に勝手に評価しています。
(クロスについては血の活性力や競争資質の強化、体質への影響という点での評価はある程度するものの、効用があるといわれるクロス(ナスキロなど)についてはまだまだ勉強不足。でも一応影響があると思って気にしているクロスはご紹介したいと思います。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【調教師】 小崎憲
2010リーディング 39 位、勝利数 25 勝,勝率 0.1 連帯率 0.191 管理代表馬 スマートファルコン
2009リーディング 43 位、勝利数 24 勝,勝率 0.095 連帯率 0.171 管理代表馬 スマートファルコン
2008リーディング 30 位、勝利数 26 勝,勝率 0.098 連帯率 0.177 管理代表馬 スマートファルコン

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★☆
※リーディング順位や活躍馬の管理実績から勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断 ※測尺、馬体バランス、歩様などから総合的に評価しています。
(測尺) 体高(cm) 156
胸囲(cm) 184
管囲(cm) 18.7
体重(kg) 455
−−−−−−−−−−
(DVD診断) ※主に歩様からの評価です。
【後肢のブレ】 ○
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 −
【前肢のブレ】 ○
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の馬体評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "顔は一見するときつそうに見えましたが、手綱を見ると人には従順なのかもしれません。
首差しよく、肩には立派な筋肉がついていてパワーがありそうです。
角度は普通で、マイル以上、中距離くらいではないでしょうか。
現状、体型は箱型ですが、これからトモ高が直ってきたら長方形の中距離体型になってくる気がします。
繋ぎは立ち気味で、若干硬めですので、ダートの方が良いかもしれません。
胴周りはまだ幼い感じが残っていて、若干背タレ気味ですが、そんなに緩い感じはしません。
トモはまずまずの大きさで、なかなか大腿筋膜張筋が張っていて、影ができています。
飛節は少し小さめですが、しっかりしています。
歩様は欠点が少ないです。
馬体サイズはまず良いのですが、管囲が細すぎるのはマイナスです。"
※測尺、馬体バランス、歩様などから勝手に評価しています。
※馬体の名称、筋肉の名称が分からない場合は以下を参照ください。
http://www.jra.go.jp/kouza/thoroughbred/page4.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の総合評価◆ ★★★★☆☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖Pは年齢的に下がってくるのはやむを得ないですが、もともとが高いので、一発の可能性はもちろん持っている繁殖です。
血統的には米血脈でダート色が強いので、そこにあえてゴールドアリュールとの配合ということはダートの大きいレースを狙ったものという感じですが、本馬は牝馬ですのでもちろん馬体次第ではありますが、パワーという点ではちょっと劣るかもしれません。
その馬体ですが、なかなかパワーがありそうな感じで、ダートで勝負できる可能性はあると思います。
ちょっと管囲が細いのが気にはなりますが、細くても何も問題が無かったこともあるわけで、細いからダメというわけでもありませんし、健康そうなので、ダートでたくさん走って稼いでくれる可能性は十分にあると思います。
トレーナーはまずまず、価格もまあまあだと思います。"
※上記の4項目のバランス、そして価格を含めたお買い得感などを勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※なお、データについては間違いが含まれている可能性がありますので、必ず自分でも公式サイトやJRAサイトなどで確認されますようお願い申し上げます。
"
また、間違いが発見された場合には、お手数ですがコメント欄にその旨記載していただければありがたいです。"
【関連する記事】
posted by 楽天馬 at 18:10| 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。