2011年09月10日

68.ディオネー(アドマイヤメガミ の2010)

【馬名】 ディオネー
【由来】 ギリシア神話に登場する天空の女神名。母名より連想。(希語)
【性別】 牝
【毛色】 鹿毛
【父】 ジャングルポケット
【母】 アドマイヤサンデー (母父 エルコンドルパサー )
【生年月日】 2010年1月30日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 1400 万円(一口価格 3.5 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 2002 生まれ、本馬は 8 歳の時の産駒
【母の戦歴】 1勝,チューリップ賞(GIII)2着
【母のレース引退時期】 2007/11/24 (レース引退年齢 5 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 2009/2/25
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間(月数)】 4

◆楽天馬の繁殖P評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "母アドマイヤメガミは、現役時代20戦1勝の成績、引退までの半年間で10戦はかなり多いレース数です。まあ、引退後繁殖入りまで4ヶ月を経ていますので、それでもギリギリ許容内で繁殖ポテンシャルはまずまずあると判定します。
まだ2番仔ということで産駒傾向はわかりませんが、繁殖適期内ですので活躍馬を出す可能性は十分にあると思います。"
※産駒の体質や活躍馬を出す可能性を母馬の繁殖入りの過程、年齢、産駒傾向など過去のデータから勝手に推察しています。
※ここでは活躍馬を出す時期を『繁殖適期』(6歳〜13歳)とし、このうち最も活躍馬を出す確率が高い時期を『繁殖黄金期』(6歳〜11歳)としています。
"【繁殖適期の解説】
データによれば繁殖適期内の中でも6歳をピークに徐々に産駒の勝ち馬率が下がる傾向にあり、11歳を過ぎると12歳から大きく下がり、13歳を過ぎるとさらに大きく下がります。もちろんこれは単なる平均的な数字で、いくつかのケースにおいては13歳過ぎてから突然活躍馬を出すことがあります。
例えば・・・、
一、繁殖が持っている血の資質に対して相性の良い種牡馬がなかなかいないケース、すなわち相手種牡馬を選ぶ繁殖の場合には、たまたま合う種牡馬に出会ったときに突然活躍馬を出すことがあります。
二、そもそも繁殖ポテンシャルが非常に高くて、初仔や二番仔から重賞勝ち馬など活躍馬をコンスタントに出すような名繁殖タイプは、繁殖適期を過ぎてもポテンシャルがそんなに落ちず、高年齢出産でも若干確率は下がるもののやはり活躍馬を出すことがあります。
三、その繁殖の産駒の馬体に一貫した欠点があり、その欠点を改善する方向の種牡馬を意図的に配合することで、活躍馬が出る場合があります。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の5代クロス】 "Nureyev 15.63% 3 x 5
Northern Dancer 12.50% 4 x 5 x 5"
−−−−−−−−−−
【父】 ジャングルポケット
"【競走成績】
日で2〜4歳時に13戦5勝。01年年度代表馬、01年最優秀3歳牡馬。ジャパンC-G1(芝2400m)、ダービー-G1(芝2400m)、共同通信杯-G3(芝1800m)、札幌3歳S-G3(芝1800m)、天皇賞春-G12着、皐月賞-G13着
【種牡馬成績】
03年より供用。トールポピー(オークス-JPN1、阪神ジュベナイルF-JPN1)、オウケンブルースリ(菊花賞-JPN1、京都大賞典-G2)、ジャガーメイル(天皇賞春-G1)、クィーンスプマンテ(エリザベス女王杯-G1)、ジャングルロケット(ニュージーランドオークス-G1)、タスカータソルテ(札幌記念-JPN2、京都新聞杯-JPN2、中京記念-G3)、シェーンヴァルト(デイリー杯2歳S-JPN2)、フサイチホウオー(共同通信杯-JPN3、ラジオNIKKEI杯2歳S-G3、東京スポーツ杯2歳S-G3)、トーセンキャプテン(函館記念-JPN3、アーリントンC-JPN3)、アヴェンチュラ(クイーンS-G3)"
−−−−−−−−−−
【母父】 エルコンドルパサー
"【競走成績】
年度代表馬、日仏8勝、サンクルー大賞典-G1、ジャパンC-G1、NHKマイルC-JPN1。

【種牡馬成績】
ソングオブウインド(菊花賞-JPN1)、ヴァーミリアン(ジャパンCダート-G1)、アロンダイト(ジャパンCダート-JPN1)【BMS:主な産駒】アグネスサクラ(白藤賞)、ソムニア(函館2歳S-JPN3 3着)"
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の血統評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "母父エルコンドルパサーは、中距離血統のキングマンボ産駒、そのキングマンボ自身、父ミスプロ、母ミエスクからスピードを受け継ぎ、母父サドラーズウェルズからは良い競争資質を受け継いでいますが、血の活性力という点では若干物足りなく、さらに産駒の傾向を見ても高速芝向きの素軽さが若干不足している種牡馬ではないかと思います。

母母父サンデーサイレンスは、2007年についにリーディングブルードメアサイアーの座を獲得しています。BMSとしては柔らかくしなやかな筋肉と激しい気性を遺伝させると言われていますが、現状ではいずれの特徴も競争能力的にはプラスに働いている場合が多そうです。

母母母父エルグランセニョールは、ノーザンダンサー系の超良血馬です。
母セックスアピールの産駒には種牡馬トライマイベスト、日本ではロッタレースなどがいて、これらの繁殖や種牡馬が牝系を世界的に繁栄させています。その母父バックパサーはトムフールの代表産駒で、マルゼンスキーの母父としても有名ですが、世界的にもBMSとしては非常に優秀な種牡馬です。トムフール系自体、母系に入って優秀な種牡馬で、底力を強化し、非常に良い競走資質を遺伝します。

母系の優秀さは、兄姉の優秀な成績で立証済みです。

父ジャングルポケットは、父トニービンで脚質的に不器用ですが、”持続力”と”瞬発力”を両方持ち合わせた種牡馬で、長い直線での爆発力はすさまじいものがあります。ジャングルポケット自身は、スタミナベースの母系にヌレイエフのスピードや、トニービンの瞬発力、スピード持続力などが付加された種牡馬と言えるのではないでしょうか。
産駒の平均距離も長めに出る場合が多く、スピード色が強い繁殖との配合でもクラシックを狙える産駒が誕生する可能性は十分にありそうです。また、配合相手の母系がスタミナベースであった場合には、オウケンブルースリのような選手権距離〜長距離で活躍する産駒も出てきそうです。母父サンデーは特に要注意の種牡馬です。

本馬の場合、母アドマイヤメガミとジャングルポケットと配合したのが意図的であるのはもちろんのことですが、こういうパターンは成功と失敗が紙一重です。
果たして本馬はどっちでしょうか。
距離適性は、母の競走成績を考えれば、マイル−中距離くらいでしょうか。
馬体的にも芝適性が発揮されそうなら、まず失敗は少なそうです。"
−−−−−−−−−−
※母系の累代を中心にして、スピード、スタミナ、決め手(瞬発力)の血のバランスなどを中心に勝手に評価しています。
(クロスについては血の活性力や競争資質の強化、体質への影響という点での評価はある程度するものの、効用があるといわれるクロス(ナスキロなど)についてはまだまだ勉強不足。でも一応影響があると思って気にしているクロスはご紹介したいと思います。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【調教師】 角田晃一
2010リーディング 216 位、勝利数 0 勝,勝率 0 連帯率 0 管理代表馬 リスキープラン
2009リーディング 221 位、勝利数 0 勝,勝率 0 連帯率 0 管理代表馬 ダイナマイトボディ
2008リーディング 229 位、勝利数 0 勝,勝率 0 連帯率 0 管理代表馬 ダイナマイトボディ

◆楽天馬の評価◆ ★☆☆☆☆☆☆
※リーディング順位や活躍馬の管理実績から勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断 ※測尺、馬体バランス、歩様などから総合的に評価しています。
(測尺) 体高(cm) 153
胸囲(cm) 180
管囲(cm) 20
体重(kg) 405
−−−−−−−−−−
(DVD診断) ※主に歩様からの評価です。
【後肢のブレ】 ○
【後肢の踏み込み】 −
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
【前肢のブレ】 ○
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の馬体評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "顔は凛としていて、芯が強そうです。
首差しは太めで、短め、肩はすごい筋肉がついていて、角度から明らかに中距離以上の感じです。
繋ぎはちょっと立ち気味ですが、短めで、クッションが効いていますので、そんなには気にしなくて良いのかもしれません。
胴周りは、ジャンポケらしく、背タレ気味ですが、それが思ったほど感じないのは、背中が割合短めでしっかりしているせいだと思います。
トモは、ボリューム感があって、大腿筋膜張筋の発達が顕著で、これからさらに幅に出てきそうです。
歩様は、気付いた方もいると思いますが、前肢がちょっと遊びますね。
馬体サイズは、ちょっと小さいのでマイナスしますが、管囲などは足りています。
トモ高で成長の余地があるのと、牝馬ということで、馬体重は現状ではそんなに気にしなくて良いのかもしれません。"
※測尺、馬体バランス、歩様などから勝手に評価しています。
※馬体の名称、筋肉の名称が分からない場合は以下を参照ください。
http://www.jra.go.jp/kouza/thoroughbred/page4.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の総合評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖Pはまずまず高いと判定しました。
血統的には、まあアドマイヤサンデーとジャングルポケットのニックスを強く意識したものであると思いますが、母父にエルコンドルパサーを挟んだところがどういう風に出るのかがポイントになります。
馬体は、ちょっと小さめですが、なかなか筋肉質で力強さがあります。
トレーナーは、ちょっと心配ですが、価格もこの血統の割には安く設定されていて、お買い得感があります。"
※上記の4項目のバランス、そして価格を含めたお買い得感などを勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※なお、データについては間違いが含まれている可能性がありますので、必ず自分でも公式サイトやJRAサイトなどで確認されますようお願い申し上げます。
"
また、間違いが発見された場合には、お手数ですがコメント欄にその旨記載していただければありがたいです。"
【関連する記事】
posted by 楽天馬 at 18:05| 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。