2011年09月10日

54.リモンチェッロ(ドルチェリモーネ の2010)

【馬名】 リモンチェッロ
【由来】 イタリアを起源とするレモンの果皮を使用したリキュール。母名より連想。(伊語)
【性別】 牝
【毛色】 青毛
【父】 シンボリクリスエス
【母】 ドルチェリモーネ (母父 サンデーサイレンス )
【生年月日】 2010年1月27日 生まれ
【生産牧場】 白老F 
【募集価格】 1600 万円(一口価格 4 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 2001 生まれ、本馬は 9 歳の時の産駒
【母の戦歴】 2勝,忘れな草賞-OP,紅梅S-OP3着
【母のレース引退時期】 2007/3/18 (レース引退年齢 6 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 2010/1/27
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間(月数)】 11

◆楽天馬の繁殖P評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母ドルチェリモーネは、芝中距離のオープンクラスで25戦していますので、ちょっと走りすぎですが、その後11ヶ月休んでの繁殖入りが好感で、まず問題ないと見ています。
だとすると、年齢から見ても繁殖ポテンシャルは高い方だと思われ、まだデビューした産駒はいませんが、初仔に続き、二番仔である本馬も大いに期待されます。"
※産駒の体質や活躍馬を出す可能性を母馬の繁殖入りの過程、年齢、産駒傾向など過去のデータから勝手に推察しています。
※ここでは活躍馬を出す時期を『繁殖適期』(6歳〜13歳)とし、このうち最も活躍馬を出す確率が高い時期を『繁殖黄金期』(6歳〜11歳)としています。
"【繁殖適期の解説】
データによれば繁殖適期内の中でも6歳をピークに徐々に産駒の勝ち馬率が下がる傾向にあり、11歳を過ぎると12歳から大きく下がり、13歳を過ぎるとさらに大きく下がります。もちろんこれは単なる平均的な数字で、いくつかのケースにおいては13歳過ぎてから突然活躍馬を出すことがあります。
例えば・・・、
一、繁殖が持っている血の資質に対して相性の良い種牡馬がなかなかいないケース、すなわち相手種牡馬を選ぶ繁殖の場合には、たまたま合う種牡馬に出会ったときに突然活躍馬を出すことがあります。
二、そもそも繁殖ポテンシャルが非常に高くて、初仔や二番仔から重賞勝ち馬など活躍馬をコンスタントに出すような名繁殖タイプは、繁殖適期を過ぎてもポテンシャルがそんなに落ちず、高年齢出産でも若干確率は下がるもののやはり活躍馬を出すことがあります。
三、その繁殖の産駒の馬体に一貫した欠点があり、その欠点を改善する方向の種牡馬を意図的に配合することで、活躍馬が出る場合があります。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の5代クロス】 Hail to Reason 12.50% 4 x 4
−−−−−−−−−−
【父】 シンボリクリスエス
"【競走成績】
日で2〜4歳時に15戦8勝。02年、03年年度代表馬。有馬記念-G1(芝2500m)2回
【種牡馬成績】
04年より供用。サクセスブロッケン(フェブラリーS-G1)、アリゼオ(毎日王冠-G2)、ストロングリターン(京王杯SC-G2)、サンカルロ(NZT-G2)"
−−−−−−−−−−
【母父】 サンデーサイレンス
"【競走成績】
米年度代表馬、米9勝、ケンタッキーダービー-G1。本邦チャンピオンサイアー。本邦BMSチャンピオン。

【母の父として】
アドマイヤムーン(ジャパンC-G1)、スクリーンヒーロー(ジャパンC-G1)、ヴァーミリアン(ジャパンCダート-G1)、トールポピー(優駿牝馬-JPN1)"
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の血統評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "母父サンデーサイレンスは、スピード溢れるヘイロー系の大種牡馬で、遺伝力も血の活性力も相当強い種牡馬で、母父に入ってもその威力は衰えをしらず、2007年にリーディングブルードメアサイアーの座を獲得しています。BMSとしては柔らかくしなやかな筋肉と激しい気性を遺伝させると言われていますが、現状ではいずれの特徴も競争能力的にはプラスに働いている場合が多そうです。

母母父サルスは、現役時代13戦8勝と、短−マイルで活躍し、フォレ賞−GIを勝っています。
その父はトップサイダーで、ノーザンダンサーの直仔で典型的なダート種牡馬で、母父はスタミナ豊富なプリンスローズ系のプリンスジョンです。

母母母父バステッド(Busted)は、キングジョージ、エクリプスS、コロネーションS、フォア賞などを勝った名馬で、種牡馬になってもウィーヴァーズホール(愛ダービー)、ムトト(キングジョージ、エクリプス賞(連覇))、バスティノ(セントレジャー、コロネーションC、キングジョージ、パリ大賞典)などを輩出し、活躍しました。距離レンジは中−長距離で、ブランドフォード系らしい良いスタミナを伝える種牡馬で、クレペロの代表産駒です。

総じて、母系はスタミナベースですが、サンデーサイレンスからスピードと決め手を強化されて、非常にバランスが良くなっています。

父シンボリクリスエスの産駒は、骨格が太くて、早い時期から前後躯のバランスが良くて、サラブレッドとして理想的な好馬体が多いのが特徴です。
また、父に似て無駄な筋肉が少なく、胸囲があって、心肺能力が高く、いかにもスピード持続力が高そうな産駒が多いですね。
馬体だけ見ると相当活躍しそうな産駒が多いのですが、成績を見てわかるとおり、見映えに対しては若干割引が必要です。
また、本格化する時機が若干遅めという評価が、牧場でも既に定着してきていますので、これからはその点を考えて、産駒を分析することが必要です。
産駒は馬体バランスの良さを活かすためにも、飛節や繋ぎがしっかりとしたバネのある柔らかいタイプを選びたいですね。
ちょっと勝ちみが遅いという点を考慮すると、やはり晩成血統の繁殖との産駒はオススメできませんし、牝馬についてもかなり吟味しないといけませんね。特に仕上がりに時間がかかりそうな立派すぎる馬体の牝馬は要注意です。
クリスエスの血統全体としては芝の中−長距離をベースにしたタフなスタミナ(スピード持続)型の血統と言えると思います。

本馬は父クリスエスと配合したことによってスピード持続力のアップは期待できるものの、牝馬ですので切れを欠くとマイナスで、できれば母ドルチェリモーネの良さが多く出た方が良いと思います。母の良さが出れば芝のマイル−中距離くらいが活躍の場になりそうです。
その点、馬体を慎重に検討する必要がありそうで、個人的にはクリスエスに似たあまり雄大な馬体だとよくないかもしれません。"
−−−−−−−−−−
※母系の累代を中心にして、スピード、スタミナ、決め手(瞬発力)の血のバランスなどを中心に勝手に評価しています。
(クロスについては血の活性力や競争資質の強化、体質への影響という点での評価はある程度するものの、効用があるといわれるクロス(ナスキロなど)についてはまだまだ勉強不足。でも一応影響があると思って気にしているクロスはご紹介したいと思います。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【調教師】 中尾秀正
2010リーディング 84 位、勝利数 17 勝,勝率 0.077 連帯率 0.195 管理代表馬 アドマイヤスバル
2009リーディング 62 位、勝利数 20 勝,勝率 0.086 連帯率 0.146 管理代表馬 アドマイヤスバル
2008リーディング 39 位、勝利数 24 勝,勝率 0.107 連帯率 0.209 管理代表馬 タガノヴァレオ

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★☆☆
※リーディング順位や活躍馬の管理実績から勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断 ※測尺、馬体バランス、歩様などから総合的に評価しています。
(測尺) 体高(cm) 154
胸囲(cm) 170.5
管囲(cm) 19
体重(kg) 417
−−−−−−−−−−
(DVD診断) ※主に歩様からの評価です。
【後肢のブレ】 ○
【後肢の踏み込み】 −
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
【前肢のブレ】 ○
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の馬体評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "顔は冷静そうで、母とは気性的にちょっと違うタイプに思います。
首差しはのびのびして良い感じです。
肩は立派な筋肉がついていて、角度から中距離以上のタイプのそれです。
胸前は深くパワーもありそうです。
繋ぎは少し立ち気味ですが、クッションは良いですので、芝でも問題ないでしょう。
胴周りは伸びやかで、これだけ胴のびが良くて、トモ高だと背タレになりやすいのですが、本馬の背中は極端に垂れていないので、背腰が割合しっかりしているのでしょう。
トモも容積があり、大腿筋膜張筋は良い張りをもっていて、さらに幅が出てきそうです。
飛節もがっちりしていて、後肢のアクションも安定しています。
歩様は、欠点が少ないです。
馬体の各所は、男馬みたいな雰囲気がありますが、馬体重がちょっと足りないところはやはり牝馬ですね。
管囲も細いので、そこだけマイナスします。"
※測尺、馬体バランス、歩様などから勝手に評価しています。
※馬体の名称、筋肉の名称が分からない場合は以下を参照ください。
http://www.jra.go.jp/kouza/thoroughbred/page4.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の総合評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖Pはまずまず高い方だと思います。
血統的には、今回は父がクリスエスに替わり、昨年の初仔、父キンカメよりは切れを欠く感じがあります。ただ、デメリットばかりでなく、もちろん体質的な不安は少なくなるというメリットはあります。いずれにしても牝馬ですので、母父サンデーの血が強く出た馬体が良さそうです。
馬体は、気性以外は母似だと思います。
馬体は小さめですが、母の良さが随所に出ています。
トレーナーは良いですし、価格もドルチェの子供でこの価格なら安いと言えるでしょう。
この仕上げやすそうな馬体を利して、デビューが早いようなら、意外な結果も期待できるかもしれません。"
※上記の4項目のバランス、そして価格を含めたお買い得感などを勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※なお、データについては間違いが含まれている可能性がありますので、必ず自分でも公式サイトやJRAサイトなどで確認されますようお願い申し上げます。
"
また、間違いが発見された場合には、お手数ですがコメント欄にその旨記載していただければありがたいです。"
【関連する記事】
posted by 楽天馬 at 17:49| 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。