2011年09月10日

53.エピファネイア(シーザリオ の2010)

【馬名】 エピファネイア
【由来】 クリスマスから12日目(十二夜)にあたる1月6日「公現祭」の日。「現れ」の意。偉大なる母の仔として大きな存在になれるよう期待して。母名より連想。(希語)
【性別】 牡
【毛色】 鹿毛
【父】 シンボリクリスエス
【母】 シーザリオ (母父 スペシャルウィーク )
【生年月日】 2010年2月11日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 6000 万円(一口価格 15 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 2002 生まれ、本馬は 8 歳の時の産駒
【母の戦歴】 4勝、米1勝、最優秀3歳牝馬、最優秀父内国産馬、アメリカンオークス(GI)、オークス(GI)、フラワーC(GII)、寒竹賞、桜花賞(GI)2着
【母のレース引退時期】 2005/7/3 (レース引退年齢 3 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 2007/5/2
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間(月数)】 12

◆楽天馬の繁殖P評価◆ ★★★★★★★
◆楽天馬の一言◆ "母シーザリオは、引退が3歳と若くて、戦歴は立派ですが走ったレース数は5戦と少なく、しかも引退後繁殖入りするまで、復帰に向けてある程度調教は続けていたとはいえ、結果的にレースに使っていない分、ほとんど疲労感なく繁殖入りしているのは間違いないところです。
この繁殖に満点を付けなければどの馬に付けるんだろうというくらい、繁殖ポテンシャルは高いと思います。
名繁殖になる可能性は、十分あると思いますが、兄姉を見ているとキンカメとはたまたま足もとに弱さが出たようで、どうもうまくいかなかったようです。
でも、それすらたまたまであり、次にキンカメと配合された時にもそうなるとは限らないと私は思っていて、それくらいこの馬の繁殖ポテンシャルを信頼しています。
つまり見限るのはかなり早計ということです。"
※産駒の体質や活躍馬を出す可能性を母馬の繁殖入りの過程、年齢、産駒傾向など過去のデータから勝手に推察しています。
※ここでは活躍馬を出す時期を『繁殖適期』(6歳〜13歳)とし、このうち最も活躍馬を出す確率が高い時期を『繁殖黄金期』(6歳〜11歳)としています。
"【繁殖適期の解説】
データによれば繁殖適期内の中でも6歳をピークに徐々に産駒の勝ち馬率が下がる傾向にあり、11歳を過ぎると12歳から大きく下がり、13歳を過ぎるとさらに大きく下がります。もちろんこれは単なる平均的な数字で、いくつかのケースにおいては13歳過ぎてから突然活躍馬を出すことがあります。
例えば・・・、
一、繁殖が持っている血の資質に対して相性の良い種牡馬がなかなかいないケース、すなわち相手種牡馬を選ぶ繁殖の場合には、たまたま合う種牡馬に出会ったときに突然活躍馬を出すことがあります。
二、そもそも繁殖ポテンシャルが非常に高くて、初仔や二番仔から重賞勝ち馬など活躍馬をコンスタントに出すような名繁殖タイプは、繁殖適期を過ぎてもポテンシャルがそんなに落ちず、高年齢出産でも若干確率は下がるもののやはり活躍馬を出すことがあります。
三、その繁殖の産駒の馬体に一貫した欠点があり、その欠点を改善する方向の種牡馬を意図的に配合することで、活躍馬が出る場合があります。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の5代クロス】 Hail to Reason 9.38% 4 x 5
−−−−−−−−−−
【父】 シンボリクリスエス
"【競走成績】
日で2〜4歳時に15戦8勝。02年、03年年度代表馬。有馬記念-G1(芝2500m)2回
【種牡馬成績】
04年より供用。サクセスブロッケン(フェブラリーS-G1)、アリゼオ(毎日王冠-G2)、ストロングリターン(京王杯SC-G2)、サンカルロ(NZT-G2)"
−−−−−−−−−−
【母父】 スペシャルウィーク
"【競走成績】
10勝、東京優駿-JPN1、ジャパンC-G1。

【種牡馬成績】
シーザリオ(アメリカンオークス-G1、優駿牝馬-JPN1)、ブエナビスタ(桜花賞-JPN1、優駿牝馬-JPN1、ヴィクトリアマイル-G1)、インティライミ(京都大賞典-G2)"
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の血統評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "母父スペシャルウィークの牝系は、名牝フロリースカツプの系統で、日本の誇る大牝系シラオキがいます。
このスペシャルウィークの血統ですが、父サンデーサイレンスはともかく、母父マルゼンスキーのBMSとしての実績は本当にすばらしく、マルゼンスキー自身のニジンスキー×バックパサー×プリンスキロという累代は見事です。
母父スペシャルウィークは、牝系が名牝フロリースカツプの系統、いわゆる日本の誇る大牝系シラオキの血統です。
このスペシャルウィークの血統ですが、父サンデーサイレンスはともかく、母父マルゼンスキーのBMSとしての実績は本当にすばらしく、マルゼンスキー自身のニジンスキー×バックパサー×プリンスキロという累代は見事です。
そこからハイペリオン系の凱旋門賞馬セントクレスピン、シンザンの父で7度日本のリーディングサイアーに輝いたヒンドスタン、BMSとしても活躍した大種牡馬プリメロと続くスペシャルウィークの累代は、見事というほかありません。
母父に入って、スピードとスタミナの両方の資質を上手に伝えてくれそうです。

母母父サドラーズウェルズの産駒の傾向としては抜群のスタミナを持つステイヤーが多いのが特徴です。丈夫でタフですが、瞬発力は若干欠ける面があり、マイル〜短距離やダートの活躍馬はあまり多くありません。母系に入って、スタミナや底力を遺伝します。
アメリカ競馬や日本競馬においては産駒があまり成功しておらず、日本ではステイヤーズステークスに勝ったサージュウェルズが唯一の重賞ウィナーです。
理由としては欧州特有の深い芝を得意とするスタミナ型の馬のため、アメリカ特有のスピードのいるダートや日本の固い芝で展開されるスピード競馬には向かないという論説が根強く唱えられています。
ただしこれは同馬に限らず、ラムタラなど欧州のクラシックディスタンス型の種牡馬全般に指摘されている事を考慮する必要がああります。
というわけで日本国内で活躍した産駒はほとんどいないが近年はブルードメアサイアー(母父)としての活躍が目立つようになり、とりわけ豊富なスタミナや頑健さなどの底力を孫世代に及ぼす母父として再評価を集めています。
代表的なところではエルコンドルパサー(NHKマイルカップ、ジャパンカップ、サンクルー大賞、凱旋門賞2着)やフサイチコンコルド(東京優駿(日本ダービー))、シーザリオ(優駿牝馬(オークス)、アメリカンオークスインビテーショナルステークス)、ヘヴンリーロマンス(天皇賞(秋))等、多数の名馬を母父として送り出しています。

母母母父ハビタットは、仕上がりの良さとスピード値の高さに定評のある種牡馬です。
その父サーゲイロードはターントゥ系の快速馬で、その母父オキュパイはブルドッグ、テディと底力と粘りに良さのあるテディ系です。BMSとして優秀。

父シンボリクリスエスの産駒は、骨格が太くて、早い時期から前後躯のバランスが良くて、サラブレッドとして理想的な好馬体が多いのが特徴です。
また、父に似て無駄な筋肉が少なく、胸囲があって、心肺能力が高く、いかにもスピード持続力が高そうな産駒が多いですね。
馬体だけ見ると相当活躍しそうな産駒が多いのですが、成績を見てわかるとおり、見映えに対しては若干割引が必要です。
また、本格化する時機が若干遅めという評価が、牧場でも既に定着してきていますので、これからはその点を考えて、産駒を分析することが必要です。
産駒は馬体バランスの良さを活かすためにも、飛節や繋ぎがしっかりとしたバネのある柔らかいタイプを選びたいですね。
ちょっと勝ちみが遅いという点を考慮すると、やはり晩成血統の繁殖との産駒はオススメできませんし、牝馬についてもかなり吟味しないといけませんね。特に仕上がりに時間がかかりそうな立派すぎる馬体の牝馬は要注意です。
クリスエスの血統全体としては芝の中−長距離をベースにしたタフなスタミナ(スピード持続)型の血統と言えると思います。

本馬の母系の血統構成を考えると、父シンボリクリスエスとの配合は切れを欠きそうですが、初仔、二番仔の体質を考えれば、馬体のある丈夫な産駒に出そうな配合で、母の切れを持ってすれば多少切れを欠いても十分戦えるでしょう。
芝のマイル−中距離という幅広いレンジで活躍して欲しい血統ですね。"
−−−−−−−−−−
※母系の累代を中心にして、スピード、スタミナ、決め手(瞬発力)の血のバランスなどを中心に勝手に評価しています。
(クロスについては血の活性力や競争資質の強化、体質への影響という点での評価はある程度するものの、効用があるといわれるクロス(ナスキロなど)についてはまだまだ勉強不足。でも一応影響があると思って気にしているクロスはご紹介したいと思います。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【調教師】 角居勝彦
2010リーディング 3 位、勝利数 47 勝,勝率 0.143 連帯率 0.252 管理代表馬 ヴィクトワールピサ
2009リーディング 3 位、勝利数 45 勝,勝率 0.158 連帯率 0.261 管理代表馬 ウオッカ
2008リーディング 3 位、勝利数 44 勝,勝率 0.17 連帯率 0.286 管理代表馬 ウオッカ

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★★
※リーディング順位や活躍馬の管理実績から勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断 ※測尺、馬体バランス、歩様などから総合的に評価しています。
(測尺) 体高(cm) 154.5
胸囲(cm) 176.5
管囲(cm) 20.5
体重(kg) 477
−−−−−−−−−−
(DVD診断) ※主に歩様からの評価です。
【後肢のブレ】 ○
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
【前肢のブレ】 −
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の馬体評価◆ ★★★★★★★
◆楽天馬の一言◆ "顔はきつそうな気性を感じさせ、手綱も緊張感が見られます。
シーザリオ産駒の場合は、私はそれはプラスととらえて良いと思います。
首差しは完璧で、肩はもうこれ以上載らないというくらい筋肉がついています。角度はゆるめで中距離でしょうか。
繋ぎは角度良く、短めで、クッションが効いています。
ここがシーザリオのこれまでの産駒と決定的に違う点ですね。
本馬は足もとの不安には悩まされない感じです。
胴周りはトモ高な分背タレ気味ですが、背腰にはまずまずこの時期としては良い筋肉がついていると思います。
トモは長さがあって、頂部のフラットな部分が長めで、長く良い脚を使うタイプの形です。
半腱半膜様筋が割れて、強いバネを感じます。
飛節はなかなかしっかりしていて、後肢のアクションもまずまず安定しています。
馬体サイズはこの時期としてはちょっと大きめですが、クリスエス産駒ですので雄大な方が良いでしょう。
バランスは今ひとつかもしれませんが、それは1歳時の母もそうでした。むしろ、それが多くの伸びしろを感じさせてくれます。"
※測尺、馬体バランス、歩様などから勝手に評価しています。
※馬体の名称、筋肉の名称が分からない場合は以下を参照ください。
http://www.jra.go.jp/kouza/thoroughbred/page4.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の総合評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖Pはかなり高いと思いますが、これまでの産駒は大きかっただけにちょっと残念な結果です。トゥエルフスナイトがこれからどういう風に巻き返してくれるかですね。
血統的には母父がスペシャルウィーク、母母父がサドラーズウェルズで底力満点という感じで、距離は長めですよね。
スペシャルウィークの血統構成はいかにもBMSとして成功しそうな血統構成なのですが、これまでそれほど目立った結果を出せていません。まあBMSとしてはこれからの種牡馬ですけどね。
馬体については、シーザリオの産駒は、初仔、二番仔とも父がキングカメハメハだったのですが、同じような身体的特徴を持っていました。
簡単に言えば繋ぎが硬めで立ち気味ということです。
それが今回は、父シンボリクリスエスの良さが出て、非常に良い角度で丈夫そうで、かつクッションの効いた繋ぎを手に入れました。
また、全体的にも雄大な馬体で、かつ丈夫な体質を手に入れ、もともと身体的な機能が高いと思われるシーザリオ産駒にとって、ままさに大きな武器を手に入れた感じです。
カタログではブルーメンブラットと右左のページで見開きになっていますが、堅実さのブルーメン、一発を秘めたシーザリオという感じに見えます。
トレーナーは、母ディアデラノビアを管理した角居さんで文句なしですし、伸びしろを感じさせる分、価格も高めに設定されていますが、クリスエス産駒に6000万円って価格は・・・どうなんでしょうねー。ブルーメンの5000万円でも高いのになあー。

ちなみにクリスエス産駒で、これまで5000万円以上稼いだ馬は、5年目(2011年8月末現在)までで40頭に満たないです。
ここ最近は毎年200頭以上に種付けしていますが、大物が出ないのだけは変わりなく、同じ非サンデー系でも、4年目のキンカメに既に抜かされています。
牧場でも、この辺を聞いてみましたが、「うーん、クリスエスはねぇー・・・」と言ったきり、しばし言葉がなく、絞り出すように「去年、今年と集中して良血繁殖と配合していますので、ここが勝負ですねぇ。」って言っていました。
ここでダメなら、ダンスインザダークのように種牡馬成績も急降下するかもしれません。"
※上記の4項目のバランス、そして価格を含めたお買い得感などを勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※なお、データについては間違いが含まれている可能性がありますので、必ず自分でも公式サイトやJRAサイトなどで確認されますようお願い申し上げます。
"
また、間違いが発見された場合には、お手数ですがコメント欄にその旨記載していただければありがたいです。"
【関連する記事】
posted by 楽天馬 at 17:49| 関西 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。