2011年09月08日

33.クイックブレッド(スウィートマフィン の2010)

【馬名】 クイックブレッド
【由来】 イースト菌を使わないBread 類の総称。母名、祖母名より連想。(英語)
【性別】 牡
【毛色】 鹿毛
【父】 サクラバクシンオー
【母】 スウィートマフィン (母父 ダンスインザダーク )
【生年月日】 2010年5月1日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 1600 万円(一口価格 4 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 2006 生まれ、本馬は 4 歳の時の産駒
【母の戦歴】 不出走
【母のレース引退時期】 不出走 (レース引退年齢 不出走 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 2010/5/1
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間(月数)】 不出走

◆楽天馬の繁殖P評価◆ ★★★★★★★
◆楽天馬の一言◆ "母スウィートマフィンは、キャロットで募集されました。懐かしいですね。
能力的にも非常に期待されましたが、残念ながら故障でデビューすることができませんでした。
その分、繁殖ポテンシャルは満タンですし、産駒には大いに期待したいと思います。"
※産駒の体質や活躍馬を出す可能性を母馬の繁殖入りの過程、年齢、産駒傾向など過去のデータから勝手に推察しています。
※ここでは活躍馬を出す時期を『繁殖適期』(6歳〜13歳)とし、このうち最も活躍馬を出す確率が高い時期を『繁殖黄金期』(6歳〜11歳)としています。
"【繁殖適期の解説】
データによれば繁殖適期内の中でも6歳をピークに徐々に産駒の勝ち馬率が下がる傾向にあり、11歳を過ぎると12歳から大きく下がり、13歳を過ぎるとさらに大きく下がります。もちろんこれは単なる平均的な数字で、いくつかのケースにおいては13歳過ぎてから突然活躍馬を出すことがあります。
例えば・・・、
一、繁殖が持っている血の資質に対して相性の良い種牡馬がなかなかいないケース、すなわち相手種牡馬を選ぶ繁殖の場合には、たまたま合う種牡馬に出会ったときに突然活躍馬を出すことがあります。
二、そもそも繁殖ポテンシャルが非常に高くて、初仔や二番仔から重賞勝ち馬など活躍馬をコンスタントに出すような名繁殖タイプは、繁殖適期を過ぎてもポテンシャルがそんなに落ちず、高年齢出産でも若干確率は下がるもののやはり活躍馬を出すことがあります。
三、その繁殖の産駒の馬体に一貫した欠点があり、その欠点を改善する方向の種牡馬を意図的に配合することで、活躍馬が出る場合があります。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の5代クロス】 0
−−−−−−−−−−
【父】 サクラバクシンオー
"【競走成績】
日で3〜5歳時に21戦11勝。94年最優秀短距離馬。スプリンターズS-G1(芝1200m)2回、スワンS-G2(芝1400m)、ダービー卿CT-G3(芝1200m)、クリスタルC-G3(芝1200m)、マイルチャンピオンシップ-G12着
【種牡馬成績】
95年より供用。グランプリボス(朝日杯フューチュリティS-G1、NHKマイルC-G1、京王杯2歳S-G2)、ショウナンカンプ(高松宮記念-G1、スワンS-G2、阪急杯-G3)、ブランディス(中山GJ-JG1、中山大障害-JG1)、シーイズトウショウ(セントウルS-JPN2、CBC賞-JPN2、同-JPN3、函館スプリントS-JPN32回)、カノヤザクラ(セントウルS-G2、アイビスサマーダッシュ-G3、同-JPN3)、ダッシャーゴーゴー(セントウルS-G2、オーシャンS-G3、CBC賞-G3)"
−−−−−−−−−−
【母父】 ダンスインザダーク
"【競走成績】
最優秀3歳牡馬、5勝、菊花賞-JPN1。

【種牡馬成績】
デルタブルース(メルボルンC-G1、菊花賞-JPN1)、ザッツザプレンティ(菊花賞-JPN1)、ツルマルボーイ(安田記念-G1)

【母の父として】
ショウリュウムーン(チューリップ賞-G3)、マイネルサニベル(ききょうS-OP)"
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の血統評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母父ダンスインザダークは、サンデー系の良血馬で、母父がニジンスキーということもあるのか、サンデー系の中では唯一と言っても良いステイヤータイプで、高いスピード持続力と粘りを誇ります。

母母父カーリアンは、そのスタミナからくるスピード持続力と底力のあるニジンスキー系の種牡馬ですが、その中にあって、スピード値が高目の高速馬場向き種牡馬で、日本でもマイルから中長距離まで幅広く活躍馬を出しています。日本でのその人気から産駒のマリエンバードやジェネラスも輸入されています。
直仔にもシンコウラブリイ(マイルチャンピオンシップ、ニュージーランドトロフィー4歳ステークス、毎日王冠、スワンステークス、ラジオたんぱ賞、クイーンステークス) 、エルウェーウィン(朝日杯3歳ステークス、アルゼンチン共和国杯)、ダイワカーリアン(札幌記念、東京新聞杯、富士ステークス)、フサイチコンコルド(東京優駿)、ビワハイジ(阪神3歳牝馬ステークス、札幌3歳ステークス、京都牝馬特別)、ゼンノエルシド(マイルチャンピオンシップ、京成杯オータムハンデキャップ) などがいて、産駒は非常にバラエティに富んだステージで活躍しましたが、共通している点は、高い日本の芝への適性、高いスピード値と粘りのあるスピード持続力と言えると思います。

母母母父サッチは、現役時代9戦7勝、短−マイルで活躍し、サセックスSーGI、ジュライC−GIIなど重賞3勝、全妹にコロネーションS−GI勝ちのリサデル、半弟にガイガーカウンター、甥にヌレイエフ、姪にナンバーなど近親に活躍馬多数の超名門血統です。
底力十分で、種牡馬としてもある程度成功したと言って良いでしょう。
最近は母系に名前を見る程度ですが、この馬が入っていると底力が上がった感じがします。

母系は、スピード値もそこそこ高く、スピード持続力や粘りもあって、バランスの良い血統構成だと思います。

父サクラバクシンオーは、9年連続リーディングベスト10に入っている、今や日本を代表する名種牡馬の1頭で、プリンスリーギフト系の種牡馬です。プリンスリーギフト系は、もともと日本の高速馬場に必要な”スピード”と”切れ”を持つ血統で、馬場状態によらず、安定感もあります。
このプリンスリーギフト系の特徴を余すところなく受け継いだサクラバクシンオーの産駒は比較的早熟で、長く走る産駒が多いのが特徴で、父同様に成長力もあるという競走馬として申し分ない資質を持っています。
その父が快足サクラユタカオー、その母父には”スタミナ”、”スピード”、”切れ”と3拍子そろったノーザンテーストがいて、母母父にはタフなスタミナ血統でかつ遺伝力が強いトゥルビオン系種牡馬Ambiopoise(アンビオポイズ)がいます。
このあたりが、バクシンオーの高い遺伝能力、産駒の高いスピード値とそのスピード持続力の源となっていると思われます。
産駒成績は、芝の方が若干勝率が高いですが、ダートも十分こなします。
距離はスプリント戦中心と父似の脚質の産駒が多いようです。

本馬は、母系に若干不足気味の素軽いスピードと決め手を補強して、マイルくらいのところで良さが出るようにと考えた配合ではないかと思います。スピード持続力のある母系の累代に、スピード値が高く、さらに遺伝力もあるサクラバクシンオーとの配合ですから、狙い通りになることを期待したいですね。"
−−−−−−−−−−
※母系の累代を中心にして、スピード、スタミナ、決め手(瞬発力)の血のバランスなどを中心に勝手に評価しています。
(クロスについては血の活性力や競争資質の強化、体質への影響という点での評価はある程度するものの、効用があるといわれるクロス(ナスキロなど)についてはまだまだ勉強不足。でも一応影響があると思って気にしているクロスはご紹介したいと思います。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【調教師】 小西一男
2010リーディング 80 位、勝利数 18 勝,勝率 0.078 連帯率 0.147 管理代表馬 ワンモアジョー
2009リーディング 92 位、勝利数 16 勝,勝率 0.074 連帯率 0.198 管理代表馬 ケイアイコンセプト
2008リーディング 78 位、勝利数 17 勝,勝率 0.07 連帯率 0.132 管理代表馬 ダイバーシティ

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
※リーディング順位や活躍馬の管理実績から勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断 ※測尺、馬体バランス、歩様などから総合的に評価しています。
(測尺) 体高(cm) 154
胸囲(cm) 176
管囲(cm) 20
体重(kg) 461
−−−−−−−−−−
(DVD診断) ※主に歩様からの評価です。
【後肢のブレ】 ○
【後肢の踏み込み】 −
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
【前肢のブレ】 ○
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の馬体評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "顔は冷静そうに見えますが、どうでしょうか。
首差し良く、肩はちょっと立ち気味のところに良い筋肉がついています。
角度から距離は短−マイルという感じでしょう。
繋ぎの角度良く、クッションも良い感じです。
胴周りは、父バクシンオーの割には伸びが良く、母父が出た感じで、この辺が父と母父のマッチングがどうなのかという感じです。
背中はしっかりしていて、背腰も強そうです。
脾腹から腹斜筋jまでがしっかりしていて胴とトモに一体感があります。
そのトモは長さがあって、大腿筋膜張筋もまずまず張りがあります。
飛節は、しっかりしていて、後肢の歩様にもそれが出ています。
馬体サイズは、遅生まれなので、500キロ近い馬体になりそうで、バクシンオー産駒としてはちょっと大きすぎるかもしれませんが、母父ダンス似と思えばちょうど良い感じでしょうか。
歩様には欠点が少ないです。"
※測尺、馬体バランス、歩様などから勝手に評価しています。
※馬体の名称、筋肉の名称が分からない場合は以下を参照ください。
http://www.jra.go.jp/kouza/thoroughbred/page4.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の総合評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖Pは不出走ですし、当然高いでしょう。
血統的には、母父ダンスのBMSとしての資質については、まだまだ傾向を把握するまでに至りませんが、少なくとも父サクラバクシンオーとは、競走資質的には互いに補完できる関係に思えます。
もちろん、お互いの良いところばかりとは限りませんので、その辺は馬体のチェックは欠かせません。
その馬体ですが、バクシンオー産駒にしてはちょっと胴伸びが良すぎるのが気になりますね。バクシンオーとダンスインザダークがバラバラに出た感じで、その点馬体自体の統一感が今ひとつかもしれません。
トレーナーはまあ普通ですね。
価格は牡馬ですので、まあちょっと安めでしょうか。"
※上記の4項目のバランス、そして価格を含めたお買い得感などを勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※なお、データについては間違いが含まれている可能性がありますので、必ず自分でも公式サイトやJRAサイトなどで確認されますようお願い申し上げます。
"
また、間違いが発見された場合には、お手数ですがコメント欄にその旨記載していただければありがたいです。"
【関連する記事】
posted by 楽天馬 at 22:53| 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。