2011年09月08日

32.ハリウッドミューズ(ハリウッドレビュー の2010)

【馬名】 ハリウッドミューズ
【由来】 母名の一部+「音楽・舞踏を司る女神(ギリシャ神話)」。音楽やダンスがハリウッド映画を盛り上げるように、本馬の走りが人の心を盛り上げてくれることを願って。父名、母名より連想。(英語)
【性別】 牝
【毛色】 栗毛
【父】 ダンスインザダーク
【母】 ハリウッドレビュー (母父 ノーザンテースト )
【生年月日】 2010年3月1日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 1000 万円(一口価格 2.5 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1995 生まれ、本馬は 15 歳の時の産駒
【母の戦歴】 3勝、柏崎特別
【母のレース引退時期】 2000/8/27 (レース引退年齢 5 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 2002/2/5
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間(月数)】 6

◆楽天馬の繁殖P評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母ハリウッドレビューは、繁殖ポテンシャルの高い繁殖です。グリフィスもその代表産駒で、本当にタフに走りました。
繁殖ポテンシャルの高い繁殖の産駒はこういう使い減りがしない丈夫な産駒が多いです。
さすがに高齢になってきましたので、活躍馬を出す確率は下がってきますが、相手種牡馬次第ではまだまだやれそうです。
本馬は、全兄のダノンヒデキの出来が良かったことから、再度の配合になったものと思われ、意図通りの馬体に出れば楽しみになりますね。"
※産駒の体質や活躍馬を出す可能性を母馬の繁殖入りの過程、年齢、産駒傾向など過去のデータから勝手に推察しています。
※ここでは活躍馬を出す時期を『繁殖適期』(6歳〜13歳)とし、このうち最も活躍馬を出す確率が高い時期を『繁殖黄金期』(6歳〜11歳)としています。
"【繁殖適期の解説】
データによれば繁殖適期内の中でも6歳をピークに徐々に産駒の勝ち馬率が下がる傾向にあり、11歳を過ぎると12歳から大きく下がり、13歳を過ぎるとさらに大きく下がります。もちろんこれは単なる平均的な数字で、いくつかのケースにおいては13歳過ぎてから突然活躍馬を出すことがあります。
例えば・・・、
一、繁殖が持っている血の資質に対して相性の良い種牡馬がなかなかいないケース、すなわち相手種牡馬を選ぶ繁殖の場合には、たまたま合う種牡馬に出会ったときに突然活躍馬を出すことがあります。
二、そもそも繁殖ポテンシャルが非常に高くて、初仔や二番仔から重賞勝ち馬など活躍馬をコンスタントに出すような名繁殖タイプは、繁殖適期を過ぎてもポテンシャルがそんなに落ちず、高年齢出産でも若干確率は下がるもののやはり活躍馬を出すことがあります。
三、その繁殖の産駒の馬体に一貫した欠点があり、その欠点を改善する方向の種牡馬を意図的に配合することで、活躍馬が出る場合があります。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の5代クロス】 "Northern Dancer 18.75% 4 x 3
Hail to Reason 9.38% 4 x 5
Lady Angela 9.38% 5 x 4
Almahmoud 6.25% 5 x 5 "
−−−−−−−−−−
【父】 ダンスインザダーク
"【競走成績】
日で2〜3歳時に8戦5勝。96年最優秀3歳牡馬。菊花賞-G1(芝3000m)、弥生賞-G2(芝2000m)、京都新聞杯-G2(芝2200m)、ダービー-G12着
【種牡馬成績】
96年より供用。00年ファーストシーズンリーディングサイアー。デルタブルース(菊花賞-G1、VRCメルボルンC-G1、ステイヤーズS-G2)、スリーロールス(菊花賞-JPN1)、ザッツザプレンティ(菊花賞-G1)、ツルマルボーイ(安田記念-G1、金鯱賞-G2、中京記念-G3)、フォゲッタブル(ステイヤーズS-G2)、マルカフェニックス(スワンS-G2、阪神C-JPN2)、トーホウアラン(京都新聞杯-G2、京都大賞典-G2、中日新聞杯-G3)、ジョリーダンス(阪神牝馬S-G22回)"
−−−−−−−−−−
【母父】 ノーザンテースト
"【競走成績】
仏5勝、フォレ賞-G1。本邦チャンピオンサイアー。本邦BMSチャンピオン。

【母の父として】
ダイワメジャー(天皇賞・秋-JPN1)、ダイワスカーレット(有馬記念-G1)、エアグルーヴ(天皇賞・秋-JPN1)、キストゥヘヴン(桜花賞-JPN1)、ファストフレンド(帝王賞-JPN1)"
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の血統評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母父ノーザンテーストは、スピード、スタミナ、底力と非常にバランスの良い種牡馬で、BMSとしても非常に優秀な種牡馬で、日本では1982年にテスコボーイから日本リーディングサイアーの座を奪い取ると、通算10回のリーディングサイアーに輝き、1990年から2006年まで17年連続リーディングブルードメアサイアーにも輝いています。

母母父リアルシャダイは、スタミナ豊富なロベルト系の種牡馬で、日本のヘイルトゥリーズン系全盛のさきがけとなった種牡馬です。
当時、ノーザンテーストの牙城を崩し、リーディングサイアーになったのは鮮烈でした。
リアルシャダイの母は、GIを6勝した名牝Desert Vixenで、底力十分といえます。
そして、このリアルシャダイ、BMSとしてはなかなか優秀で、トウカイポイント、イングランディーレ、アドマイヤジュピタを輩出しています。

母母母父ダマスカスは、スタミナ豊富なテディ系の種牡馬で、日本ではノーザンテーストやサンデーサイレンスの母系にもその血統が見られます。

父ダンスインザダークは、父サンデーサイレンスは言うに及ばず、母ダンシングキイの血統は、スタミナ豊富なネイティブダンサー系レイズアネイティブ、リボー系Graustark、ファラモンド系の大種牡馬トムフール(バックパサーの父)らの血をベースに、スタミナと粘りのあるタフなスピード血統のニジンスキーを父に持つ、非常に完成度の高い血統構成の繁殖です。
ダンスインザダークは、スタミナ十分のステイヤーでありながら体型的には前躯もしっかりとしてスピードも十分兼備しています。このため高速決着の芝の中−長距離レースで強さを発揮できたのだと思います。
ダンスインザダークの配合相手としては、高いスピード値や、瞬発力はもちろん、できれば早熟性を求めたいですね。
その能力の開花時期や距離が牝馬の活躍するステージに合わないことが牝馬に良績が少ないという要因になっていると思うからです。ザレマやジョリーダンスのように芝の中距離中心に、長くタフに走ってくれる牝馬にあたればこれはもうラッキーですね。
これまで走っている産駒は、トモに幅というより奥行き(長さ)があって、見映えのする感じで、ストライドが伸びそうな肢が長めの産駒の方がよく走っています。

本馬の母系の血統バランスの良さは素晴らしく、父ダンスインザダークで、スピード持続力と決め手がさらに強化されています。
牝馬なのでどちらかと言えば、母父ノーザンテーストが強く出た方がおもしろそうで、もしそうなら血統的には芝のマイル−中距離で活躍してくれそうです。"
−−−−−−−−−−
※母系の累代を中心にして、スピード、スタミナ、決め手(瞬発力)の血のバランスなどを中心に勝手に評価しています。
(クロスについては血の活性力や競争資質の強化、体質への影響という点での評価はある程度するものの、効用があるといわれるクロス(ナスキロなど)についてはまだまだ勉強不足。でも一応影響があると思って気にしているクロスはご紹介したいと思います。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【調教師】 菊川正達
2010リーディング 103 位、勝利数 14 勝,勝率 0.045 連帯率 0.099 管理代表馬 コスモヘレノス
2009リーディング 97 位、勝利数 15 勝,勝率 0.053 連帯率 0.099 管理代表馬 ロードアイアン
2008リーディング 96 位、勝利数 15 勝,勝率 0.051 連帯率 0.13 管理代表馬 リボンノキシ

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
※リーディング順位や活躍馬の管理実績から勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断 ※測尺、馬体バランス、歩様などから総合的に評価しています。
(測尺) 体高(cm) 157
胸囲(cm) 182
管囲(cm) 20
体重(kg) 430
−−−−−−−−−−
(DVD診断) ※主に歩様からの評価です。
【後肢のブレ】 ○
【後肢の踏み込み】 −
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
【前肢のブレ】 ○
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の馬体評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "顔は穏やかそうで、気性は良さそうです。
首差しは良い感じで、肩から胸前には良い筋肉が張り出しています。
繋ぎは短めで角度良く、クッションも良い感じです。足もとも良く乾燥しています。
胴周りは良い感じで張りがあり、背中が短めで、脾腹から腹斜筋にかけて良い張りがあって、胴の収縮が良さそうです。
トモは寛骨周りに良い筋肉がついていて、大腿筋膜張筋に張りがあります。
飛節は普通サイズですが、後肢の動きを見ているとしっかりしている感じです。
全体的になかなかボリューム感があって、牝馬に見えないですね。
馬体サイズもちょうど良く、歩様も欠点が少ないです。
この馬体で走らないのならダンス牝馬はいよいよ厳しいかなーってくらいの好馬体だと思います。"
※測尺、馬体バランス、歩様などから勝手に評価しています。
※馬体の名称、筋肉の名称が分からない場合は以下を参照ください。
http://www.jra.go.jp/kouza/thoroughbred/page4.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の総合評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖Pは高齢になってきて確率は低くなってきています。
ただ、この母と父ダンスとの相性は良さそうですので、期待感はありますね。
血統的には、牝馬ですので、父ダンスより母父ノーザンテーストが出しゃばってくれた方が走りそうです。
馬体は、すごく好馬体だと思います。骨格もしっかりしていて、バランスも良いです。
トレーナーは、イマイチですが、価格は安すぎでしょう。"
※上記の4項目のバランス、そして価格を含めたお買い得感などを勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※なお、データについては間違いが含まれている可能性がありますので、必ず自分でも公式サイトやJRAサイトなどで確認されますようお願い申し上げます。
"
また、間違いが発見された場合には、お手数ですがコメント欄にその旨記載していただければありがたいです。"
【関連する記事】
posted by 楽天馬 at 22:52| 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。