2011年09月08日

24.ジェベルムーサ(アビラ の2010)

【馬名】 ジェベルムーサ
【由来】 ジブラルタルロックの反対の岬にある山名。ザロックと並び称されるような名馬になって欲しいとの願いを込めて。母名より連想。(英語
【性別】 牡
【毛色】 鹿毛
【父】 アグネスタキオン
【母】 アビラ (母父 ロックオブジブラルタル )
【生年月日】 2010年2月15日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 2800 万円(一口価格 7 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 2004 生まれ、本馬は 6 歳の時の産駒
【母の戦歴】 英入着
【母のレース引退時期】 不明 (レース引退年齢 不明 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 2009/2/13
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間(月数)】 不明

◆楽天馬の繁殖P評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "母アビラは、遅くとも4歳で引退していますし、競走成績を考えてもそれほど疲労していたとは考えられませんので、繁殖ポテンシャルは高いと推察されます。
初仔はディープインパクトと配合されていますし、本馬は二番仔ということで産駒がまた1頭もデビューしていませんので、今が買い時かもしれません。"
※産駒の体質や活躍馬を出す可能性を母馬の繁殖入りの過程、年齢、産駒傾向など過去のデータから勝手に推察しています。
※ここでは活躍馬を出す時期を『繁殖適期』(6歳〜13歳)とし、このうち最も活躍馬を出す確率が高い時期を『繁殖黄金期』(6歳〜11歳)としています。
"【繁殖適期の解説】
データによれば繁殖適期内の中でも6歳をピークに徐々に産駒の勝ち馬率が下がる傾向にあり、11歳を過ぎると12歳から大きく下がり、13歳を過ぎるとさらに大きく下がります。もちろんこれは単なる平均的な数字で、いくつかのケースにおいては13歳過ぎてから突然活躍馬を出すことがあります。
例えば・・・、
一、繁殖が持っている血の資質に対して相性の良い種牡馬がなかなかいないケース、すなわち相手種牡馬を選ぶ繁殖の場合には、たまたま合う種牡馬に出会ったときに突然活躍馬を出すことがあります。
二、そもそも繁殖ポテンシャルが非常に高くて、初仔や二番仔から重賞勝ち馬など活躍馬をコンスタントに出すような名繁殖タイプは、繁殖適期を過ぎてもポテンシャルがそんなに落ちず、高年齢出産でも若干確率は下がるもののやはり活躍馬を出すことがあります。
三、その繁殖の産駒の馬体に一貫した欠点があり、その欠点を改善する方向の種牡馬を意図的に配合することで、活躍馬が出る場合があります。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の5代クロス】 Northern Dancer 6.25% 5 x 5
−−−−−−−−−−
【父】 アグネスタキオン
"【競走成績】
4勝、皐月賞-JPN1、総合・2歳チャンピオンサイアー。

【種牡馬成績】
ディープスカイ(東京優駿-JPN1、NHKマイルC-JPN1)、ダイワスカーレット(有馬記念-G1、桜花賞-JPN1)、キャプテントゥーレ(皐月賞-JPN1)、リトルアマポーラ(エリザベス女王杯-G1)、ロジック(NHKマイルC-JPN1)"
−−−−−−−−−−
【母父】 ロックオブジブラルタル
"【競走成績】
英仏10勝、欧州年度代表馬、欧州最優秀3歳牡馬、英2000ギニー-G1、愛2000ギニー-G1、ムーランドロンシャン賞-G1、セントジェームズパレスS-G1、サセックスS-G1。
【種牡馬成績】
マウントネルソン(エクリプスS-G1)、イーグルマウンテン(香港C-G1)、ヴァレナール(フォレ賞-G1)"
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の血統評価◆ ★★★★★★★
◆楽天馬の一言◆ "母父ロックオブジブラルタルは、現役時代13戦10勝、愛2000ギニーやムーランドロンシャン賞などGI6連勝という記録を作りました。基本的には圧倒的な身体能力を武器に、優れた先行力を生かして押し切るレースが多く、中には騎手がほとんど手綱を持ったままゴール前でさらに差を広げるという横綱相撲で勝利したレースもあるなど、スタミナとパワー、そしてスピードとそれを持続力する能力がずば抜けて優れていた競走馬です。
この能力は、欧州の深い芝を走るためには有効でありましたが、軽快なスピードと瞬発力を必要とする日本の競馬では、思うようにその能力を生かし切れない可能性もあると私は見ており、その点、母系に入った場合にはどのような競走資質を遺伝させるのか興味深いところです。

母母父アレッジドは、凱旋門賞を2連覇した名馬です。凱旋門賞を連覇したのは史上2頭だけで、もう1頭は自分の曾祖父リボ−です。
現役時代10戦9勝、2着1回とほぼ完璧な成績で引退しています。
種牡馬としてはGI馬を多数輩出していますが、その血を繁栄させるほどの活力は出せていません。

母系は、本馬の祖母アニマトリスが仏4勝で、ノネット賞、マルレ賞というGIIを2勝しています。母の兄弟には、サドラーズフラッグという重賞勝ち馬もいます。
曾祖母アレキサンドリーも重賞勝ち馬で、産駒には種牡馬ポリグロート、キングアレックスのほか重賞勝ち馬が多数いる名牝系です。

父アグネスタキオンの産駒は芝の中距離〜クラシックディスタンスで、種牡馬としては本格派に分類されます。
産駒の馬体は、牡馬であっても骨太の感じではなく、つなぎも肢の長さの割には短めで細いのが特徴です。
全体的にスリムで軽快なタイプが多いため、馬体が減りやすく、立て直すのに時間がかかることもあって、初年度産駒は2勝目に時間がかかる産駒が多かったのですが、その後、厩舎側も大体その特徴が飲み込めたようで、長く走れるタイプや、遅くデビューして活躍してくるタイプも出てきています。
早熟という風評もダイワスカーレットやディープスカイらの活躍で、どうやら終息に向かっている感じですが、一方で今度は故障が多いというのがひとつの傾向として疑われています。特に激走型の産駒には、頻繁に発生していますね。
個人的には、産駒は小柄なタイプよりある程度馬格がある方が良いと思います。
また、全体的に筋肉質なのが特徴のひとつですが、特に1歳時からトモにしっかりと筋肉がついたタイプの方が、早い時期から活躍しているようです。
相手繁殖には、基本的にはスピードとスタミナのバランスはもちろんですが、それより体質的な弱点を補強するために、異系血統や零細血統を含んだ逞しい血を持った母系が望ましいと私は思っています。

本馬は、その点、欧州の重厚なスタミナとスピード持続力に優れた血統の母系に、スピードと決め手鋭いサンデー系のアグネスタキオンで、非常にバランスが良い血統構成となっています。芝のマイル−中距離辺りで、活躍してくれそうです。"
−−−−−−−−−−
※母系の累代を中心にして、スピード、スタミナ、決め手(瞬発力)の血のバランスなどを中心に勝手に評価しています。
(クロスについては血の活性力や競争資質の強化、体質への影響という点での評価はある程度するものの、効用があるといわれるクロス(ナスキロなど)についてはまだまだ勉強不足。でも一応影響があると思って気にしているクロスはご紹介したいと思います。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【調教師】 大竹正博
2010リーディング 33 位、勝利数 26 勝,勝率 0.102 連帯率 0.185 管理代表馬 ゴールデンハインド
2009リーディング 132 位、勝利数 11 勝,勝率 0.064 連帯率 0.123 管理代表馬 アップグレーデッド
2008リーディング 229 位、勝利数 0 勝,勝率 0 連帯率 0 管理代表馬 ミスティックダイヤ

◆楽天馬の評価◆ ★★★★☆☆☆
※リーディング順位や活躍馬の管理実績から勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断 ※測尺、馬体バランス、歩様などから総合的に評価しています。
(測尺) 体高(cm) 166
胸囲(cm) 185
管囲(cm) 21.8
体重(kg) 522
−−−−−−−−−−
(DVD診断) ※主に歩様からの評価です。
【後肢のブレ】 ○
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 −
【前肢のブレ】 ○
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の馬体評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "顔の表情からはちょっときつめにも見えて、若干何を考えているのかよく読み取れない馬ですが、手綱は緩く、人間に対しては従順そうです。
首差しは細めですが、牡馬は成長と共に太くなってくるので現時点ではこのくらいでも良いと思います。
肩の筋肉は程よく、その角度からマイルくらいまででしょうか。
繋ぎは角度は良いですが、ちょっと硬め、でも許容内です。足もとの乾燥度も良いと思います。
胴周りは幼さが見え、背タレで、背腰もこれからの感じです。
トモは短めですが、寛骨周りに張りがあり、幅に出てくるタイプではないでしょうか。
飛節はしっかりしていて、歩様も欠点が少ないです。
馬体サイズが現時点で大きすぎる点で少しマイナスします。"
※測尺、馬体バランス、歩様などから勝手に評価しています。
※馬体の名称、筋肉の名称が分からない場合は以下を参照ください。
http://www.jra.go.jp/kouza/thoroughbred/page4.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の総合評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖Pは高く、いきなり活躍馬を出すことも十分にあると思います。
血統的に、母父ロックオブジブラルタルが、BMSになってどうかというところはありますが、父タキオンの競争資質をバックアップしてくれるようなら相当な活躍も見込めるでしょう。
ただ、馬体は、その点、ちょっと薄手で、まあサンデー系らしい馬体と言えばそうなんですが、逆にあまりタキオン産駒らしくないんですよね−。
サイズも大き過ぎて、脚に負担が掛かりそうなところもタキオン産駒としては微妙です。
トレーナーは良いですし、価格も安いと思います。後は故障無く順調に調教が進めばという感じです。"
※上記の4項目のバランス、そして価格を含めたお買い得感などを勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※なお、データについては間違いが含まれている可能性がありますので、必ず自分でも公式サイトやJRAサイトなどで確認されますようお願い申し上げます。
"
また、間違いが発見された場合には、お手数ですがコメント欄にその旨記載していただければありがたいです。"
【関連する記事】
posted by 楽天馬 at 22:42| 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。