2011年09月08日

14.フルグラン(スターミー の2010)

【馬名】 フルグラン
【由来】 「一瞬の閃光」の意。直線で鋭い脚を使い、一瞬にして馬群を突き抜けるような競走馬になることを願って。(仏語)
【性別】 牡
【毛色】 黒鹿毛
【父】 ダイワメジャー
【母】 スターミー (母父 A.P.Indy )
【生年月日】 2010年4月17日 生まれ
【生産牧場】 ノーザンF
【募集価格】 3600 万円(一口価格 9 万円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[募集馬診断レポート]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1.母馬の繁殖ポテンシャル診断
【母の生年】 1998 生まれ、本馬は 12 歳の時の産駒
【母の戦歴】 米国産,わが国で2勝
【母のレース引退時期】 2003/3/1 (レース引退年齢 5 歳)
−−−−−−−−−−
【初仔の生年月日】 2004/3/12
【母の引退から繁殖入りまでの推定期間(月数)】 1

◆楽天馬の繁殖P評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母スターミーは引退後1ヶ月あまりで繁殖入りしており、疲労感を残して引退した可能性もあったのですが、引退直前こそ2戦していますが、その前の間隔が半年近く空いており、2年半で10戦と無理はしていません。
初仔カラベルラティーナ(父クロフネ)はキャロットで募集されました。2歳8月のデビューで3勝、2番仔はヒカルアラマンサス(父アグネスタキオン)は3歳3月デビューで京都牝馬S−GIIIを勝ちました。この時点で繁殖ポテンシャルの高さは間違いないですね。
繁殖適期内ですし、まだ活躍馬を出す可能性は十分にあります。"
※産駒の体質や活躍馬を出す可能性を母馬の繁殖入りの過程、年齢、産駒傾向など過去のデータから勝手に推察しています。
※ここでは活躍馬を出す時期を『繁殖適期』(6歳〜13歳)とし、このうち最も活躍馬を出す確率が高い時期を『繁殖黄金期』(6歳〜11歳)としています。
"【繁殖適期の解説】
データによれば繁殖適期内の中でも6歳をピークに徐々に産駒の勝ち馬率が下がる傾向にあり、11歳を過ぎると12歳から大きく下がり、13歳を過ぎるとさらに大きく下がります。もちろんこれは単なる平均的な数字で、いくつかのケースにおいては13歳過ぎてから突然活躍馬を出すことがあります。
例えば・・・、
一、繁殖が持っている血の資質に対して相性の良い種牡馬がなかなかいないケース、すなわち相手種牡馬を選ぶ繁殖の場合には、たまたま合う種牡馬に出会ったときに突然活躍馬を出すことがあります。
二、そもそも繁殖ポテンシャルが非常に高くて、初仔や二番仔から重賞勝ち馬など活躍馬をコンスタントに出すような名繁殖タイプは、繁殖適期を過ぎてもポテンシャルがそんなに落ちず、高年齢出産でも若干確率は下がるもののやはり活躍馬を出すことがあります。
三、その繁殖の産駒の馬体に一貫した欠点があり、その欠点を改善する方向の種牡馬を意図的に配合することで、活躍馬が出る場合があります。"
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2.血統診断
【本馬の5代クロス】 Northern Dancer 9.38% 4 x 5
−−−−−−−−−−
【父】 ダイワメジャー
"【競走成績】
日UAEで2〜6歳時に28戦9勝。06年、07年最優秀短距離馬。皐月賞-G1(芝2000m)、天皇賞秋-G1(芝2000m)、安田記念-G1(芝1600m)、マイルCS-G1(芝1600m)2回
【種牡馬成績】
08年より供用。ダローネガ(2歳新馬)、オメガホームラン(2歳新馬)"
−−−−−−−−−−
【母父】 A.P.Indy
"【競走成績】
米8勝、BCクラシック-G1、ベルモントS-G1、サンタアニタダービー-G1、ハリウッドフューチュリティ-G1。
【種牡馬成績】
ラグズトゥリッチズ(ベルモントS-G1)、バーナーディニ(プリークネスS-G1)、アプティチュード(ハリウッドGC-G1)、マインシャフト(ジョッキークラブGC-G1)
【母の父として】
ブルーグラスキャット(ハスキル招待H−GI)、ウェイトアホワイル(アメリカンオークス−GI)、ルビーズレセプション(ファンタジーS−GIII)"
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の血統評価◆ ★★★★★☆☆
◆楽天馬の一言◆ "母父A.P.インディは、父はアメリカ三冠馬シアトルスルー、母の父セクレタリアトもアメリカ三冠馬という組み合わせの名馬で、日本の鶴巻智徳氏が購入して、米三冠のベルモントS−GIを制したほか、日本人馬主としてはじめてBCクラシックを制しています。
サムシングロイヤルの3×5、ボールドルーラーの4×3、ナスルーラの5×5×5、プリンスキロの5×4など5代に6本のクロスが入っていて、しかもその全てが両親にそれぞれ含まれているという血統構成です。
その血の濃さゆえなのか、世界で最も高い確率でステークスウイナーを輩出する種牡馬の1頭で、欧米の種牡馬の中では最高の成績を収めています。産駒は芝、ダートがほぼ半々で、芝・ダート兼用種牡馬です。

距離については、ダートだと9割近くが1500m〜1800mに偏っていますが、芝では1500m〜1800m、1900m〜2300mがほぼ半々で、芝の方がダートより長目の距離に出る傾向があります。
いずれにしても通常の種牡馬群の距離から言うと、長めと言って良く、芝・ダートとも選手権クラスのレースに強さを発揮します。

母母父カーリアンの日本競馬適性は言うに及ばず、まさに高速決着向きの種牡馬ですね。
その父ニジンスキーは、スタミナと粘りのあるスピード持続型種牡馬で、母父ラウンドテーブルは、プリンスキロの直仔でタフなスタミナ血統、芝の高い適性は折り紙付きで”芝の斬れ者”と言われています。
本馬は、このラウンドテーブルのクロスを持っており、母系に入って底力も強化して、非常に好感が持てますね

母母母父トップヴィルは、ダンテ−ハイトップ系の仏ダービー馬で、種牡馬としてもまずまず成功したほか、BMSとしてはダイワーカーリアン、ツクバシンフォニーなど日本でも活躍馬を出しているなどダンテ系らしい資質も持ち合わせているようです。

父ダイワメジャーは、新種牡馬ですので、未知数のところがありますが、産駒の馬体は筋肉質で、骨格もしっかりしており、タイプ的にはアグネスタキオン産駒に近い感じですね。
ただ、足もとは本馬の産駒の方がおそらく強いと思いますし、距離適性の幅も広いと思います。
ダイワメジャー自身は、皐月賞馬ではありますが、どちらかと言えば完成されたのは5歳頃、ただ兄妹の競争成績からすると、おそらく産駒は父より早熟と私は考えています。

本馬は、スピード持続力×スピード×競争資質という感じの母系の累代に、父がサンデー系ダイワメジャーで、スピードと決め手が強化され、バランスの良い血統構成になっています。"
−−−−−−−−−−
※母系の累代を中心にして、スピード、スタミナ、決め手(瞬発力)の血のバランスなどを中心に勝手に評価しています。
(クロスについては血の活性力や競争資質の強化、体質への影響という点での評価はある程度するものの、効用があるといわれるクロス(ナスキロなど)についてはまだまだ勉強不足。でも一応影響があると思って気にしているクロスはご紹介したいと思います。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.厩舎診断
【調教師】 萩原清
2010リーディング 20 位、勝利数 31 勝,勝率 0.153 連帯率 0.241 管理代表馬 ランフォルセ
2009リーディング 53 位、勝利数 22 勝,勝率 0.112 連帯率 0.218 管理代表馬 ロジユニヴァース
2008リーディング 14 位、勝利数 31 勝,勝率 0.153 連帯率 0.236 管理代表馬 ロジユニヴァース

◆楽天馬の評価◆ ★★★★★★★
※リーディング順位や活躍馬の管理実績から勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4.馬体診断 ※測尺、馬体バランス、歩様などから総合的に評価しています。
(測尺) 体高(cm) 155
胸囲(cm) 173
管囲(cm) 19.8
体重(kg) 395
−−−−−−−−−−
(DVD診断) ※主に歩様からの評価です。
【後肢のブレ】 ○
【後肢の踏み込み】 ○
【前肢の肩の出】 ○
【繋ぎの柔らかさ】 ○
【前肢のブレ】 ○
優秀:○、普通−、やや不安△
−−−−−−−−−−
◆楽天馬の馬体評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "賢そうな顔をした馬ですね。
首差しは細く見えますが、牡馬なので成長とトモに太くなってきますから現時点ではこのくらいでも良いと思います。肩には良い角度にしっかりと筋肉がついていて、胸前も深く、肩の角度から中距離くらいでしょうか。
繋ぎは角度良く、クッションも素晴らしいです。
胴周りは背タレ気味ということもあり、若干幼さを感じさせますが、腹袋がしっかりしている印象です。
トモは、大腿筋膜張筋が影ができるくらい張っていてこれから幅が出てきそうですが、現状ではボリューム感は今ひとつでしょう。
飛節もしっかりしていて、歩様の欠点も見た感じほとんどありません。
馬体がちょっと小さくて、遅生まれですし、体高があるので成長がある程度は見込めますが、一応★ひとつだけ減点します。"
※測尺、馬体バランス、歩様などから勝手に評価しています。
※馬体の名称、筋肉の名称が分からない場合は以下を参照ください。
http://www.jra.go.jp/kouza/thoroughbred/page4.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5.楽天馬の総合評価
◆楽天馬の総合評価◆ ★★★★★★☆
◆楽天馬の一言◆ "繁殖Pは高めと評価していますが、多少相手次第のところがあると繁殖だと思います。
血統的に母父エー・ピー・インディ、母母父カーリアン、母母母父トップヴィルという累代は、活性力という点でもかなり魅力的で、良い競走資質が遺伝しそうな雰囲気がありますね。今回は父ダイワメジャーで期待はさらに膨らみます。
馬体も若干小粒ですが、父の良いところが良く出ていて、ムダ肉が少なく仕上げやすそうです。
トレーナーも申し分なく、この価格もそんなに高くはないと思えるくらい良い素養を感じます。"
※上記の4項目のバランス、そして価格を含めたお買い得感などを勝手に評価しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※なお、データについては間違いが含まれている可能性がありますので、必ず自分でも公式サイトやJRAサイトなどで確認されますようお願い申し上げます。
"
また、間違いが発見された場合には、お手数ですがコメント欄にその旨記載していただければありがたいです。"
【関連する記事】
posted by 楽天馬 at 22:31| 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。